イベント 顕微鏡とイメージングソルーション

第44回日本分子生物学会年会

日付

2021/12/01 - 2021/12/03

場所

日本 / 横浜

展示社

MBSJ2021は、分子生物学会として初出となる“ハイブリッド形式”で開催されます。現在も進行中の参加登録及び演題投稿時のアンケートからは、現地参加は例年の5-6割、つまり4,000強の人々が横浜パシフィコに集うと見込まれています。未定という回答も多数あるため、今後、感染状況によっては、会期が近づくにつれて参加者がさらに増加することも十分考えられます。現地で最先端の科学を議論したいという参加者の強い望みを叶えつつ、「より安心・安全な年会」を開催するには何をすべきか。目下、感染対策アドバイザーと組織委員会で色々模索しているところです。この規模において「感染数をゼロに」という目標を掲げることは不合理であると断念。一方、アイデアの一つとして挙がっているのは、ワクチン接種証明書またはPCR陰性証明書を提示できる現地参加者には「安心パスポート(仮名)」なるものを発行し、ネームカードと共に常に“見える化”していただくというもの。ワクチン接種は新型コロナウイルス感染を完全に抑止しませんが、重症化は免れることができそうです。加えて、これら証明書が無い参加者のために、会場での新型コロナウイルス検査サービスを会期中に提供することを鋭意検討中です。現地参加希望者にとって“合理的”と納得していただけるルールのもと、安心して科学を生で議論できる“より安心・安全な”年会開催を皆様と共に実現して参りたいと思います。