自動手ブレ補正

高倍率の双眼鏡を使うと、自然を自分に近づけて観察できます。ただしその場合、手が震えないことが求められ、さらに言えば、長時間にわたって楽に観察するために安定した固定場所が必要です。これに代わるものとして、カールツァイスの高度な手ブレ補正技術を利用することができます。ZEISS 20x60 T* Sはこの技術の草分け的存在で、現在も手ブレ補正付き双眼鏡では独自の地位を維持しています。20倍の倍率にもかかわらず、ZEISS 20x60 T* Sではフリーハンドで移動しながらゆったりと細部まで観察できます。このサイレント技術は内部機構の部品によってのみ成立しており、いつでも使える状態にあります。野生動物を驚かせるノイズを発することはありません。

高度な内部機構は、ジンバル式のスプリングジョイントで構成され、これが4方向すべてに移動して、プリズムとハウジングを接続します。搬送中は、システム全体が所定の位置でしっかりと固定されています。手ブレ補正を有効にするには、解除ボタンを押してスプリングジョイントを開放するだけです。これでハウジングに影響するすべての手ブレや振動が効果的に吸収され、揺れがプリズムシステムに伝わるのを防止できます。光学系、すなわちアイピース、固定プリズム、およびレンズの相互作用により、機器の傾きは通過する光の方向に合わせて補正されます。スプリングの張力、緩衝用磁石、および慣性を利用した非常に高度な方法で、双眼鏡がグラついても双眼鏡を通した視線は常に一定に保たれるので、安定した像が維持されます。

 

20倍という大胆な倍率を実現するために最高級の60mm光学系を備えたこの堅牢な双眼鏡は、現在も手ブレ補正付きハンティング用光学系の基準として位置付けられています。どうぞご自身で使用し、確かめてみてください。