自動自覚屈折測定機器ユニット
ZEISS VISUSCREEN 500 & VISUPHOR® 500

被検者に心地良い視力測定体験を提供する

最新のZEISS自覚屈折測定ユニットは、屈折測定の主要な要素である視力表とフォロプターをスマートに一体化し、被検者にとって心地良い視力測定体験を提供します。

ZEISSの最新機器では、屈折測定に要する時間を短縮しながらも、事前に自由に設定できるワークフローに基づいて安定した正確な測定が可能です。

ZEISS i.Profiler®plus で取得した他覚屈折測定結果のデータをZEISS VISUPHOR 500に簡単に転送することができるため、効率良く自覚屈折測定に移ることができます。ZEISSの自覚屈折測定ユニットでは、ZEISS i.Scription® テクノロジーを搭載したレンズの見え方をご体験いただくこともできます。

近代的で精密なZEISS視力測定の利点をまとめて一体化

最新のZEISS自覚屈折検査ユニットは、測定の主要な要素である視力表とフォロプターをスマートに一体化し、被検者に心地良い視力測定体験を提供します。

ZEISS VISUSCREEN 500 はポラテスト技術を装備し、単眼および両眼のテストだけでなく、子供用の特殊なチャートなど、様々な視力表によるテストに対応します。また、LEDを使用して、次世代の視覚補正「ZEISS i.Scriptionテクノロジー」によるレンズの効果をデモンストレーションすることもできます。

測定担当者が複数いる場合には、それぞれの好みに合わせて検査表の種類や順番を編集し、カスタマイズしたワークフローを設定することもできます。ZEISS VISUSCREEN 500 は測定のワークフローを最適化し、お客様にプロフェッショナルな印象を与えられるデジタルフォロプターZEISS VISUPHOR 500と組み合わせて簡単にアップグレードが可能です。

ZEISSの機器はすべてZEISS i.Com サーバーにつながれているので、ZEISS VISULENS 500 や ZEISS i.Profiler®plusからデータを直接流し込み、素早く簡単に自覚屈折測定を始めることができます。

自動自覚屈折測定機器ユニット ZEISS VISUSCREEN 500 & VISUPHOR® 500

製品の特長

  • VISUSCREEN 500では、視力測定用の記号の大きさが距離に合わせて自動調整されるので、距離が2メートルしかない検査室でも設置可能です。
  • 最先端技術の搭載と、洗練されたデザインで、どのような店舗デザインにも馴染みます。
  • 偏光加工した透明なLCDスクリーン
  • マドックステスト用およびZEISS i.Scription テクノロジーのデモンストレーション用のLED内臓
  • 測定用のレンズを手早くスムーズに交換でき、最終的な処方と視覚の改善をデモンストレーションできます。
  • 自覚屈折検査ユニットはZEISS i.Com mobileアプリ経由でZEISS VISULENS 500およびZEISS i.Profiler®plus と接続してデータの転送が可能です。  
単眼、両眼測定用のテストを20種類搭載

ZEISS VISUSCREENには20種類以上の単眼、両眼検査用のテストと完全なMKH(ドイツ式ハーゼ理論に基づいた両眼視機能検査)を行える指標を搭載しています。

立体視検査用のステレオトライアングルテスト

立体視検査用のステレオトライアングルテスト

ワンタッチでワークフローを作成・編集できます。

ワンタッチでワークフローを作成・編集できます。

ZEISS VISUPHOR 500

ZEISS VISUPHOR 500:ソフトウェアはワークフローを効率化するために最適化されています。GUI(グラフィカルユーザーインターフェース)内臓のため、単一のアプリで両方の端末を単一屈折検査ユニットとして操作可能です。

関連製品

ZEISSは世界有数の眼鏡レンズのリーディングサプライヤーとして、最高の精度と快適性を追い求め続けています。ZEISSはレンズ、機器や測定システムを設計、製造すると同時に、販売コンセプトと技術サービスを提供することでビジョンケアのスタンダードを高め続けています。

お問い合わせはこちら

ZEISSカスタマーサービス