リラックスした運転を可能にします。

リラックスした運転を可能にします。

ZEISS DriveSafe Lensはなぜ自動車の運転のストレスを軽減し、安全性を向上させるのでしょうか。

車の運転 - 趣味という方も多いですが、一方では生活のためには必要不可欠なものでもあります。しかし研究によると、特に雨や霧や霞の日、夜明けや夕暮れなどの視界が悪い条件下では、多くの方が自動車の運転に不安を感じ、緊張し、ストレスに悩まされている、ということがわかっています。車の運転には、良好な視界は安全と事故防止の観点からも不可欠です。視界が悪いと私たちは疲れやすくなり、反応も鈍くなります。良い視界を得るためにドライバーが本当に必要とするものは何でしょうか?運転用メガネはどのような要件を満たさなければならないのでしょうか?ZEISSでは、このテーマに細かく取り組みました。...

矯正されていないメガネや不適切な光環境は、目に悪影響を及ぼすことがあるのでしょうか?

矯正されていないメガネや不適切な光環境は、目に悪影響を及ぼすことがあるのでしょうか?

目に負担をかけ過ぎた場合、どのようなことが起きるのでしょうか?

メガネが正確に矯正されていなければ、目の能力を最大限に引き出すことはできません。これは、日常生活の質を低下させてしまいます。レストランのメニューを読めずに不便を感じたり、車の運転に不安を感じたりするなどさまざまな場面が想定できます。ここでいくつかの疑問が思い浮かぶでしょう。メガネの度数が強すぎたり(過矯正)、弱すぎたり(矯正不足)すると、目に悪影響を及ぼすことがあるのでしょうか?視界を正しく補正していないと、どのような影響があるのでしょうか?眼精疲労、または不適切な光環境(明るすぎる、または暗すぎる)は、目にとってリスクがあるのでしょうか?BETTER...

色覚とは、どういうものでしょうか?

色覚とは、どういうものでしょうか?

そしてサングラスをかけると、どのような変化が生まれるのでしょうか?

私たちの目は無意識のうちに200種類以上の異なる色調を認識し、非常に細かいニュアンスの違いを識別し、20段階の彩度と500段階もの明度を認識します。見えるのはその結果だけ:私たちは毎日何百万という色とりどりの刺激を受け入れ、夢のように色彩豊かな世界に声もでないほど感動することもしばしばあります。でも、どうしてこのようなことが可能なのでしょうか?なぜ空は青く、そして時間帯や人によって赤やグレーに見えるのはなぜでしょう?そして、その事実は、サングラスの生産にどのように関わっているのでしょうか? ...

視覚を理解する:視覚の根本的な仕組みに対するZEISSの研究

視覚を理解する:視覚の根本的な仕組みに対するZEISSの研究

ZEISS ビジョン・サイエンス・ラボは、ドイツのチュービンゲン大学で、視覚に関する基礎研究を行っています。

視覚に関する多くの基本的なプロセスがまだ解明されていないということをご存知でしたか?ZEISS ビジョン・サイエンス・ラボ は、ドイツのチュービンゲン大学に拠点を構える研究室です。視覚の成り立ち、光や眼球、メガネレンズの相関関係、そして脳は様々な種類の動的な状況下でどのように画像処理をしているのか、という基礎的な研究を行うために創設されました。目的は、自然で一人ひとりに最適化した視界を提供するための新しい方法を開発することです。...

パーフェクトなレンズ設計に隠されている秘密

パーフェクトなレンズ設計に隠されている秘密

豊富な経験、数学、そしてメガネ装用者のニーズを正確に把握することが、オーダーメイドのメガネを生み出す秘訣です

どのようにお考えですか?より多くの光学上のノウハウが搭載されているのは、どちらの製品でしょうか。メガネレンズ、それとも5種類の特殊性能を搭載した近代的な高級カメラレンズ?多くの人は、カメラレンズのほうが優れている、と即答することでしょう。薄くて、平凡なプラスチックのレンズに必要な光学的なノウハウなんて、たいしたことないだろう、と。メガネレンズに隠されている秘密は、その設計にあります。カメラレンズは、光学上対称的に作られ、常に同じ形に繰り返し量産されます。これは、左右非対象が常識であるメガネレンズでは、とても珍しいことです。メガネのレンズの形は非常に複雑で、ひとつひとつがユニークな形をしています。メガネレンズの性能は、非常に複雑な多くの光学的な表面構造を反映させた結果によって生み出されます。それはどうしてでしょうか。BETTER...

新しいメガネでより良い視力を。

新しいメガネでより良い視力を。

オーダーメイドのメガネで大切なことは?メガネが目にどのような作用を及ぼすのかを正しく理解することです。

ディルク・ジームゼン氏がみていた方のなかに、ディルク・ジームゼン氏はドイツで公認の眼鏡技師で、 また昼間の日差しに目が過敏であることでも悩んでいました 。ディルク・ジームゼン氏はドイツで公認の眼鏡技師で、ゲッティンゲン(ドイツ)にある mahrt und hoerningを経営しています。 ジームゼン氏のところに新しく来たこの方は、メガネ着用歴30年以上で、夜間の視力と立体視に問題があり、昼間の光に過敏であること、また近視でも悩んでいました。これまで試したメガネでは、残念ながら希望通りの視力を長期間にわたって得ることはできませんでした。BETTER...

カール・ツァイス、エルンスト・アッベとオットー・ショット - A Winning Team

カール・ツァイス、エルンスト・アッベとオットー・ショット - A Winning Team

彼らのアイデアが世界を変えた

数学、物理、化学および精密機械の知識を前代未聞の形で 組み合わせ、先駆的な発明のいくつかの基盤を作り上げた二人の男:カール・ツァイス、エルンスト・アッベおよびオットー・ショットの三人は、光学産業を飛躍させた事業家です。BETTER VISIONによる肖像。

まばたき、涙、そして「星」が見える

まばたき、涙、そして「星」が見える

眼という特別な器官

私たちはまばたきをし、泣き、「星」が見えるわけですが、私たちの目がこのような反応を示すのはなぜでしょう?私たちはなぜ、まばたきをするのでしょう?網膜にはどのような役割があるのでしょう?私たちが涙を流すのはなぜでしょう?悲しみの涙と痛みを感じたときの涙とはどう違うのでしょう?そして、眼の内部を見ることで、専門家は病気を診断することもできることはご存知でしたか?BETTER VISIOは、眼という器官を特別にしているものは何か究明します。...

遠用メガネと老眼鏡

遠用メガネと老眼鏡

単焦点レンズを選ぶときに、考慮しなくてはならない重要な点は何でしょうか。

老眼鏡と遠用メガネは視力を改善するための最も一般的な方法です。では、なぜこれらの単焦点レンズはこんなにも普及しているのでしょう。そして、最も良いメガネを選ぶときに思い出さなければならない重要な点は何でしょうか。

複雑なヒトの眼 - 盲点および黄斑、中心視野と周辺視野について

複雑なヒトの眼 - 盲点および黄斑、中心視野と周辺視野について

脳は、ヒトの眼の不思議な構造欠陥をどのようにカバーしているか

5億年の歳月にわたり、種の進化は、単純な感光細胞から信じられないほど多くの種類の眼を生み出しました。眼のついた生き物は、眼のない生き物に比べて多くの点で優位であり、眼の進化は、種の進化にとって大きな一歩となりました。科学者の間では、この多様性が果たして単独の原始的な眼から生まれたものか、それとも、多数の機会に複数の種類から独立して発達したものであるか、意見がわかれています。異なる生物のニーズに合わせて、平たい眼、くぼんだ眼、ピンホールのような眼、複合的な、あるいは複雑な構造をした眼、そして、ヒトを含めた脊椎生物のレンズのある様々な種類の眼を誕生させました。後者は、種の進化が生み出した最も高度な視覚器官のうちのひとつといえます。レンズのある単眼の発達により、環境を明るく、そしてはっきりと認識できるようになったのです。にもかかわらず、ヒトの眼には進化上の弱点があります。...