視覚を理解する:視覚の根本的な仕組みに対するZEISSの研究

視覚を理解する:視覚の根本的な仕組みに対するZEISSの研究

ZEISS ビジョン・サイエンス・ラボは、ドイツのチュービンゲン大学で、視覚に関する基礎研究を行っています。

視覚に関する多くの基本的なプロセスがまだ解明されていないということをご存知でしたか?ZEISS ビジョン・サイエンス・ラボ は、ドイツのチュービンゲン大学に拠点を構える研究室です。視覚の成り立ち、光や眼球、メガネレンズの相関関係、そして脳は様々な種類の動的な状況下でどのように画像処理をしているのか、という基礎的な研究を行うために創設されました。目的は、自然で一人ひとりに最適化した視界を提供するための新しい方法を開発することです。...

カール・ツァイス、エルンスト・アッベとオットー・ショット - A Winning Team

カール・ツァイス、エルンスト・アッベとオットー・ショット - A Winning Team

彼らのアイデアが世界を変えた

数学、物理、化学および精密機械の知識を前代未聞の形で 組み合わせ、先駆的な発明のいくつかの基盤を作り上げた二人の男:カール・ツァイス、エルンスト・アッベおよびオットー・ショットの三人は、光学産業を飛躍させた事業家です。BETTER VISIONによる肖像。

CarlとZeissがかなり長い間離れていたことをご存知ですか?

CarlとZeissがかなり長い間離れていたことをご存知ですか?

ドイツが分裂していた頃、Carl Zeiss社はその両側で別々に活動していました。一方は分裂した連邦の東側、もう一方は西側で活動していたのです。第二次世界大戦の終結後、チューリンゲン州はアメリカ軍に占領されていました。その後アメリカ軍は占領合意区域に撤収しましたが、その時84人の実業家と科学者を共に連れて行きました。1946年、彼らによってOptische Werke Oberkochen社が設立されました。これがその後社名を変え、Carl...

Carl Zeissが白内障患者のために開発中の解決法をご存知ですか?

Carl Zeissが白内障患者のために開発中の解決法をご存知ですか?

白内障 は、全世界で失明の第1の原因であると考えられています。  これは主に高年齢層を襲う疾患で、全症例の90パーセント程度が高齢者に発現しています。 そのような症例を、専門家は加齢性白内障と呼んでいます。 この疾患では、灰色の膜が眼球を覆い視力障害をきたし、失明にもつながります。

Carl Zeissのインテリジェントメガネをご存知ですか?

Carl Zeissのインテリジェントメガネをご存知ですか?

教室は静まり返っています - 針が落ちる音も聞き取れそうです。9年C組のホームルームでは28人の男女が椅子に座り、次に何が起こるのか興奮状態で固唾を飲んで待っています。生徒全員が未来的な形のメガネをかけています。しかし、これらは従来のメガネではありません。 生徒たちがかけているのは小型モバイルシネマ – Carl Zeiss CINEMIZERです。St. Georgenの Thomas-Strittmatter高校の生徒たちは、サイバー教室の実験中です...

Carl Zeissのインターネット講義をご存知ですか?

Carl Zeissのインターネット講義をご存知ですか?

ARD/ZDFメデイアコミッションの調査によると、ドイツ人の60%以上が毎日インターネットを利用しています。平均オンライン時間は1日2時間-インターネットを利用して生涯学習を行うのに十分な時間です。オンライン学習は最新のトレンドに比肩します。また、代替学習の場を設ける大学も増えています。

Carl Zeissが作り出した新しい趣味をご存知ですか?

Carl Zeissが作り出した新しい趣味をご存知ですか?

双眼鏡とスポッティングスコープを手に、バードウォッチング愛好家たちはずっとこの時を待っていました。鳥をとらえるレンズです。もちろん、どの鳥でも良いというわけではありません-自然界の奇跡ともいえる、ミドリヤマセミなどの珍鳥です。人を魅了するそんな光景が見られたなら、野鳥愛好家たちは長い間待っていたことも忘れてしまうのです。ここ最近、バードウォッチングが人気を集めています。

i.Scription®に対する特許権保護

i.Scription®に対する特許権保護

ZEISSによる斬新なメガネ最適化法がマーケットに革命をもたらす

i.Scription®によるメガネ最適化の方法は、ドイツ特許によって保護されることとなりました。これは、従来に比べ、視力を広範囲にかつ細かく分析する方法です。また、これまでの方法では直接扱うことのなかった、いわゆる優性視力障害と呼ばれる視力障害に対しても考慮しています。