メガネは暮らしをこんなに快適にします

装用者の快適性を向上させるための10のヒント

メガネは、ものをよく見えるにようにするためのアイテムであることは誰もが知っています。適切なメガネレンズは、あなたの視界を向上させます。しかし、メガネはそれ以上に暮らしを快適にしてくれるということをご存じでしょうか?ここに快適性に関する最も重要な10項目をまとめてみました。 

1

何年間も頭痛に悩まされ、その原因がよくわからない、という方が結構いらっしゃいます。そのような頭痛の原因が視覚の欠陥や視力の矯正不足と、それに基づいた眼精疲労であることはよくあります。そのような理由からも、視力検査を受けていたいただきたいと思います。一つのメガネが想像していなかったような解決法になることが時々あります。

2

コンピューターのモニターに向かって一日中仕事をしていると、背中や首や肩が痛くなることがあります。その理由は、モニター上のものをはっきりと見ようと、無理な姿勢をとることが多いからです。このことが眼精疲労につながるのですが、パソコン用メガネレンズを使うことによって目をリラックスさせてくれます。仕事を快適にしてくれる多くの選択があることに驚かされるかもしれません。ぜひ、眼鏡店にお問い合わせください。

3

鼻や耳の後ろに負担をかけるような重いメガネは、過去のものになってほしいものです。ほんの少し眼鏡店に立ち寄るだけでメガネに圧迫されている箇所を調整してもらえることはよくあります。 しかし、もうひとつの選択肢はいかがでしょうか?そろそろ薄く、最先端のレンズを搭載した軽量フレームに投資するタイミングではないでしょうか? 選ぶのはあなたです。

4

多くのメガネ装用者は、日常用のメガネとサングラスを頻繁に掛け替えなくてはならないことに疲れています。メガネにとっても、バッグやポケットに無造作に突っ込まれるのは、よくないことです。調光レンズは、メガネを常用している方にとっては、快適そのものです。どのような環境でも、これらのレンズは、明るい場所から暗い場所へ、そしてまた明るい場所に出るようなときでも、素早く紫外線に反応して色が変わります。  

5

今日、スマートフォンは急速に普及し、日常生活の一部となりました。たいていの人は、自分の視線が一日に何度周りの世界とスマートフォンの間を行き来しているのか、気が付いていないでしょう。しかし、目は明らかに激務を強いられており、特に私たちが歳をとればとるほど、その負担は重くなります。言ってみれば、目は超過勤務を迫られ、その結果として、私たちはコンピュータービジョン症候群と呼ばれている症状に悩まされるのです。頭痛や筋肉のこり、疲れ目などにつながります。解決法:デジタル機器をお使いの方向けのレンズが負担を軽減します。 

6

メガネはあなたの目を守ります。目を守るアイウェアといえば、安全ゴーグルなどを思い浮かべることでしょう。しかしスポーツ用のアイウェアもハイカーブ・デザインのおかげで、優れた保護機能(例えば高速滑走時の風力などから守るなど)を提供するほか、明るさの変化への対応を可能にし、そしてスロープを高速で滑走するあなたの目を空中に漂う粉塵から守ってくれるのです。
あるいは、特別に汚れや埃の多い環境であるにもかかわらず、クリアな視界を必要とするような仕事に従事する人のためのガラス製のレンズも忘れてはなりません

7

青色が人を落ち着かせ、ぼんやりとした光の中では黄色が気分を高揚させ、バラ色は視力を向上させる、というようなことを聞いたことがあるかも知れません。多くの人が、レンズカラーの効用について議論をしていますが、大雑把に言ってしまえば、レンズカラーの効果は、人によって違うものです。眼鏡店で、いろいろなカラーをご自身で試してみて、一番自分に合ったものをお選びください。眼鏡店で、もっと詳しく説明してくれることでしょう。  

8

また、自然の視覚能力を超えて、より鮮明なコントラストが必要な場面もあります。サングラスレンズで、通常よりもはっきりとした視界が必要な場合や、常用レンズでも、視覚障害により、コントラストのサポートを必要する場合などに重要になります。装用者のニーズに的確に対応した、コントラストを高める素晴らしいソリューションがあります。

9

これは、ウォータースポーツの愛好家や、ドライバーのように、サングラスをのぞく度に反射光に悩まされる人のためのものです。偏光フィルターのついたレンズは、濡れた面や、または光沢加工された面に反射する日光などのぎらつきを軽減し、快適な視界を可能にします。その差を眼鏡店でご確認ください。

10

夜明けや夕暮れ時のような見づらい環境では、できるだけ運転を避けたいというドライバーの話をよく聞きます。人の視覚は、昼間の状態と、瞳孔が大きくなる夜とでは大きく異なることがあります。眼鏡店では、ZEISSの i.Profiler®plus という測定システムを使って、あなたが夜どの程度よく見えるのかを測定し、i.Scription® テクノロジー を搭載した特別なレンズで視覚を最適化することができます。(※取扱店舗はお問い合わせください)

Images: ©stock.adobe.com