眼鏡店での既往歴確認とニーズ分析

パーフェクトなメガネを作るための最初のステップ

病気や怪我で病院を訪れた場合、私たちは通常医師に症状を詳しく説明しなければなりません。患者病歴、または既往歴は眼鏡店を訪れる際にも重要になります。これがより良いメガネを手に入れるための最初のステップになります。ところで、優れた眼鏡店はお客様にどのような質問をすべきなのでしょうか?そして、シャープな視覚を提供し、あなたのあらゆる視覚ニーズに対応するメガネを作るために、この情報がなぜそれほど重要になるのでしょうか?

最適にフィットするメガネを作るには、眼鏡店での一対一のコンサルテーションが欠かせません。眼鏡店は、単に豊富な専門知識を持ち合わせているだけでなく、一人ひとりのお客様のニーズにプロとして関心を持つ必要があります。人の目は指紋と同じように一人ひとりユニークであり、視覚ニーズと視覚習慣は人によって異なります。眼鏡店があなたの視覚プロフィールと視覚タイプを理解すればするほど、あなたのメガネをより的確にパーソナライズし、視覚プロフィールにフィットさせることができます。これが、メガネを自分のライフスタイルに最適に適合させ、優れた視力矯正を得る方法です。

だからこそ、眼鏡店があなたとのコンサルテーションに時間をかけてくれることが重要になります。あなたの健康状態に関する質問をし、新しいメガネに求めることについて話し合います。以下の項目を含むさまざまな要素を考慮しなければなりません。

  • あなたの日課は何ですか?どのように時間を使っていますか?
  • メガネをかけることが多いのはどんな場面ですか?自宅ですか?職場ですか?スポーツをしたり、趣味を追求する際ですか?
  • ノートパソコン、タブレット、スマートフォンなどのデジタル機器を長時間使用しますか?
  • ある種の視覚障害も考慮に入れる必要があります。例えば:あなたの目は光の敏感ですか?夜になると目が見えにくくなりますか?
  • 中距離の物を見る場合や、仕事中など、より良い視覚を得たい特定の状況がありますか?
  • これまでのメガネに問題がありましたか?鼻に跡がついたり、フレームが滑ってずれたりしましたか?
  • これまでのメガネのどこが特にお気に入りでしたか?
  • 新しいメガネには何を期待しますか?
  • フレームの形や色、素材などをあなたのライフスタイル、ファッションセンスや特定の使用目的に適合させることももちろん重要です

眼鏡店は、あなたの身体の癖も観察します。例えば、首を傾けがちかどうか。視点を中距離から近くに移した時に、どのように姿勢が変わるか、などです。メガネのフィッティングには、顔の形も大きく関わってきます。総合的な分析をすることによって、眼鏡店はあなたに最善なコンサルテーションを提供し、レンズデザインをあなたの視覚ニーズに正確に合致させることができます。

この経験則をお忘れなく:眼鏡店があなたの視覚習慣、希望や期待を理解すればするほど、より適切なアドバイスを得られます。自分の状況について積極的に情報を提供しましょう。

 

弊社の製品情報をご覧ください。ZEISSが提供するさまざまなメガネレンズについて詳細にご紹介しています。

お近くのZEISS取扱店を探す