ZEISS Progressive Lenses

新製品 - DriveSafe Lens

安全な自動車の運転と日常的な使用をひとつのメガネで両立させるレンズ

多くの方が運転をするとき、特に明るさが変わりやすい状況や雨や霧といった悪天候時、または夕暮れや夜間に不安や不快感などのストレスを感じています。また、メガネ装用者の83%が運転をしています*。走行距離に関わらず、安全のためには優れた視界が欠かせません。

ZEISSはこのたび、ZEISS DriveSafe Lensという新しい常用メガネ用レンズを開発しました。常用レンズをかけていながら、安心して快適に車の運転をしたいと思う人々のニーズに対応するために特別に設計したものです。
ZEISSのDriveSafe  Lensは、単焦点レンズと遠近両用レンズの二つのレンズタイプをお求めいただけます。

 

* 出典: 米国とドイツのECPと消費者を対象とした市場調査/2013年8月

  • デザイン

    ZEISSはより安全で快適な運転を可能にする3つの要素から成り立つ常用レンズを開発しました。

    • ZEISS ルミナンスデザイン テクノロジーは暗がりでの瞳孔サイズを考慮しています。
    • ZEISS DuraVision DriveSafe コーティングは、気になるぎらつきを64%まで引き下げます。
    • ZEISS DriveSafe Lensは、道路とダッシュボード、ミラーの間で焦点を切り替えやすくするために、中間部を43%広げました。同時に、道路を見渡せるように部も14%広げました。
       
    1 暗がりでもより安全でより快適な運転を可能にする良好な視界
    2 対向車や道路照明によるぎらつきの軽減
    3 道路、ダッシュボード、バックミラーやサイドミラーがはっきり見える設計
  • 利点
    装用者にとっての利点

    装用者にとってのベネフィット

    常用メガネで安全運転もできるオールマイティーレンズ

    • 暗がりでもより安全でより快適な運転を可能にする良好な視界
    • 対向車や道路の照明によるぎらつきの軽減
    • 道路、ダッシュボード、バックミラーやサイドミラーが設計見える設計

    装用者はZEISS DriveSafe Lensに非常に満足していると回答*

    ZEISSは実際のエンドユーザーを対象とした試験を実施し、DriveSafe Lensが消費者の期待に完全に答えていることを確認しました。

     

    * 社内試験 (ドイツのツァイス本社社員)と外部装用者試験(スペインのアイケアプロフェッショナルと消費者)


    運転にて 97%

     

    日常業務、例えばオフィスにて 94%

  • 詳細

    1 暗がりでもよりよい視界を

    ZEISS ルミナンスデザイン テクノロジー

    問題
    瞳孔は周囲の光、特に直接眼に当たる光の強さに反応します。瞳孔径は日中の条件下では小さく、夜間には大きくなります。夜明けまたは夕暮れ時、雨、暗い日、夜間の運転など薄明視といわれる薄暗がりの条件下では、瞳孔の大きさは大小の中間にあります。運転者は、距離感覚を含めた空間認識が困難になります。

    薄明視の分野における集中的な調査の後、ZEISSの ルミナンスデザインテクノロジーを開発する根拠は、装用者試験で特定され、裏付けられました。まとめ:視界環境は、明るい光(明所視)、無光(暗所視)、暗がり(薄明視)に区別されます。薄明視では、光の強さや瞳孔の大きさが変化します。視力にとっては大きな挑戦です。

    詳細は、遠近両用レンズに関するZEISSガイドをご参照ください。

    ZEISSのソリューション
    ZEISSは常に自然な視界を追求し、レンズ設計を改善するために、さまざまな光環境の条件と瞳孔サイズを考慮した新しいLuminance Design™ テクノロジー (LDT)を開発しました。薄明視条件下で運転するときの瞳孔サイズを織り込み、それに合わせてレンズ設計を最適化しています。最適化のための計算公式では単焦点レンズは5.0mm、遠近両用レンズでは4.3mmの瞳孔サイズを採用しています。

    装用者はその結果として暗がりでよりよい視界が得られます。

    明るい環境=明所視
    焦点深度大、リラックスした空間視
     

    無光(暗闇)=瞳孔が大きい暗所視
    焦点深度少
     

    暗がり=瞳孔の大きさが変化する薄明視
    焦点深度の変化による困難な条件
     

    展開
    縮小

    2 夜間のぎらつきを軽減する

    ZEISS DuraVision® DriveSafe レンズコーティング

    課題
    直射日光や人工光のような明るい光の中では、ぎらつきによってものが見えにくくなることがあります。道路におけるぎらつきは、主として近代的な自動車照明技術で使用されるLEDとキセノンHIDライト光源に関連していることが市場調査でも科学的にも裏づけられています。激しいぎらつきは物体を見にくくし、眼のコントラスト感度を悪化させるため、リスクとなる可能性があります。またぎらつきは主観的に不快で煩わしくと感じられることがあります。

    ZEISSの視界科学研究者たちは、ぎらつきについて実験を実施しました。これらは複数の異なるコーティングを使用した社内研究*に基づき、実施されたものです。LEDまたはキセノンHIDで使用されている可視スペクトルの青っぽい高エネルギー部分(特に440~470nmレンジ)の光線がドライバーにとってぎらつきを感じる原因となっていることが科学的に裏付けられました。

    詳細は、遠近両用レンズに関するZEISSガイドを参照してください。

    ZEISSのソリューション
    DuraVision® DriveSafe コーティングは、この波長だけを反射するため、高級反射防止コーティングに比べ64%***までぎらつきを低減することができます。

    ***高級ZEISS コーティングと比較した場合*DuraVision DriveSafe のおかげで、他の高級反射防止コーティングに比べ、新しいコーティングではぎらつきは問題と感じると報告したテストドライバーが64%減りました。

    DuraVision® DriveSafeなしの場合

    DuraVision® DriveSafe: 64%*** までぎらつきを削減 

    まぶしさや反射による光による障害を削減

    展開
    縮小

    3 道路、ダッシュボードおよびミラーがよく見える

    ZEISS DriveSafe Lens デザイン

    課題
    車の運転ではドライバーは常に集中していなければなりません。道路状況を認識するために、大半の時間は広範囲にわたって道路を見渡せなくてはなりません。特に遠近両用メガネの装用者の場合は、焦点を道路、ダッシュボードとミラーの間を行き来させなくてはならないので大変です。そのようなときに必要なのは、ダイナミックな視界です。

    FKFS* を使用したアイトラッキング調査では、ドライバーが何を見ているのかを特定しました。

    • 記録時間の97%は道路を見ていました。
    • 記録時間の2%は、ダッシュボードを見ていました
    • 記録時間の1%は、ミラー間に焦点を合わせていました。


    シュトゥットガルトのFKFS、Research Institute of Automotive Engineering and Vehicle Enginesは、シュトゥットガルト大学と提携する独立した財団です。1930年創立のFKFSは、主な自動車メイカーやサプライヤーにサービスを提供する自動車工学の分野における最大の主導的研究機関です。詳細は、遠近両用レンズに関するZEISS DriveSafeガイドを参照してください。

    ZEISSのソリューション

    遠近両用メガネ装用者が素早く道路、ダッシュボードとミラーの間で焦点を切り替えられるように、ZEISSでは遠用および中用視野を最適化し、首を左右に振る必要を減らした新しいDriveSafe遠近両用レンズを開発しました。

    • 道路、ダッシュボード、そしてミラーの間で素早く焦点を切り替えることができるように工夫されたダイナミックな視界
    • 近用視界は日常の活動に理想的な形で対応しています。

    中用距離を43%まで広く取り、ダッシュボードとミラーの間で焦点を楽に切り替えられるようにしました。そして、遠用距離の視野を14%**まで大きくとったために、道路をよりよく見渡すことができます。

    **ZEISS の高級遠近両用レンズと比較した場合

    ZEISS DriveSafe遠近両用レンズと単焦点レンズは、道路状態をより明確に把握することを可能にし、同時に日常的に装用することを想定しています。

    展開
    縮小
  • 製品ラインナップ
    ZEISS DriveSafe
    無色
    カラー
    PhotoFusion®
    偏光レンズ
    プラスティック 1.74

       
    プラスティック 1.67
    プラスティック 1.6

    偏光レンズは、特定のLCD/LEDモニター上の画像の見やすさに差し障ることがあります。デジタル機器を使用する前に見え方を確認してください。

    詳細はZEISSの価格リストをご参照ください。


      可変フィッティングハイト
    推奨フィッティングハイト
      14 – 20 mm
    18 mm
このウェブサイト上ではクッキーを使用します。 クッキーは、ウェブサイトからあなたのコンピューター上で記憶されるテキストファイルではありません。クッキーは、広く普及しており、ページを最適化して表現し、改善する助けをします。私たちのページを利用することにより、あなたはこれを了承することを宣言します。 詳細