サングラスカラー:あなたにとっての適切なカラーとは、どうやって決めるものなのでしょうか?

  • 良いサングラスのレンズの特長はどのような点にあるのでしょうか?

    良いサングラスのレンズの特長はどのような点にあるのでしょうか?

    ZEISSサングラスレンズの背後にある哲学は、単純な原則に基づいています:毎日かけている常用レンズと同じく、サングラスも視界のニーズ、顔の形、そしてライフスタイルにぴったりと合ったものでなくてなりません。

    紫外線A波およびB波からの100%保護、20%から80%のカラー濃度は、優良なサングラスの重要な品質基準です。

    多様なカラーの中からお求めいただけます。サングラスのレンズとフレームをあなたの装いに確実に合わせてご選択いただけるよう、当社では単色、グラデーションおよび2バージョンを幅広いレンジで取り揃えております。こうして、伝統的なブラウンやグレーからお好きな別のカラーまで、個人的なスタイルとお気に入りの装いに合わせてお選びいただけます。可能性は無限にあります。

    これらのレンズは見た目が美しく、同時に完璧な機能性を誇ります。ZEISSサングラスレンズは、優れたカラーコントラストをお約束し、明るい日差しやぎらつきの中だけでなく、薄明かりでの視界を改善します。非常に軽量で耐久性のあるレンズは快適な装用感と安心感を提供するため、スポーツであろうと、ハイキングまたは年旅行であろうと、すべての屋外活動での良いパートナーとなるでしょう。  

  • 適切なカラーレンズを選択するためのヒントは以下のとおりです。

    適切なカラーレンズを選択するためのヒントは以下のとおりです。

    カラー、色の濃淡、種類など限りなくたくさんありますが、自分にはどのような特性が適しているのでしょうか?これはとても個人的な選択です。カラーは、メガネの見た目を決定するだけでなく、装用者の考え方や感じ方にも並ならぬ影響を与えます。

    ZEISSカラープログラムは、単色、グレード、トレンディなダブルカラーレンズなど、非常に幅広い選択肢をご用意しています。カラーレンズをどのような場面で装用する予定か、眼鏡店にご相談ください。日常的な活動で?職場で?スポーツで?特別なシーンで?メガネを常用または長期にわたって装用する予定の場合は、カラーは薄めであることが適切です。光に対してどの程度敏感であるかも、重要な判断基準となります。カラーを選ぶ際、女性の方は事前に普段のアイメイクをして、それに合った色をお選びください。普段、どのような服を着ているかも考慮しましょう。眼鏡店ではこれらすべてを考慮した上で適切なカラーをお勧めするでしょう。

    グラデーションカラーのレンズ

    単色レンズとは違い、グラデーションカラーのレンズは、染色槽を用いた工程でレンズの上から下にかけて色が薄くなり、光の低減効果が少なくなるように染めて製造されます。グラデーションカラー仕様のサングラスは、例えば車の運転中など顔を上げると光の条件が変わってしまうような場合(ダッシュボードを見ているときは、レンズの軽く色のついている部分で見ています)に特に適しています。道路を見るときには、レンズ上部の色の濃い部分で見ることにより、ぎらつきのない視界を楽しむことができます。

    もちろん、当社ではグラデーションカラーのレンズを多く取り揃えております。眼鏡店にお気軽にお問い合わせください。

    ダブルカラーレンズ

    ダブルカラーレンズは、お洒落なアクセサリーとして、ファッションやメイクのトレンドを表します。ダブルカラーレンズはひとつのレンズに複数のカラーを含みます。

  • 自動車の運転に適しているレンズ

    車の運転に適したレンズカラー

    サングラスは、特に夏には車の運転に欠かせないものです。しかし、ドライバーはレンズカラーが濃すぎないよう留意する必要があります。濃度が90%を超えるものは自動車の運転には適していません。夜間、濃度は25%を超えないことが望まれます。カラーレンズを選択する際、ドライバーは適切なカラーを選ばなくてはなりません。

    信号や標識を確実に視認したい場合には、サングラスのレンズは自然なカラーコントラスト維持する必要があります。運転にブラウン、グレーが最も適しているのはそのためです。

    調光レンズは車の運転には向かない場合もあります。フロントガラスは紫外線の大部分を遮断するため、屋外にいるほどレンズのカラーが濃くなりません。

    明るい日差しの中でドライブをしているときにぎらつきをはっきりと低減したいと思う場合には、グラデーションカラーのサングラスレンズか偏光レンズをお選びになることをお勧めいたします。

    車の運転に適したレンズカラー
  • あなたにとって最善のレンズカラーがどのような役割をするのかを知ってください。

    あなたにとって最善のレンズカラーはどのような役割を果たすのかを知ってください。

    サングラスレンズは色彩とコントラストの視認を改善し、明るい日差しの中、水に濡れたり、雪が積もったりした路面が反射した時の不快なぎらつきを低減します。ヨット、サーフィンまたはスキーなどの困難な光の条件下で快適でクリアな視界を維持するためには重要な要素です。

    カラーレンズはスポーツや特定の天候条件下での視界を改善することができます。アンバーやロゼといったカラーはバイクや日差しが弱い日あるいは曇天の日に向いています。コントラストを向上させる仕様は非常に明るい視野を提供します。特に太陽の少ない日に細部を素早く精確に把握するためには、カラー濃度は非常に重要な要素です。いつどこでアイウェアを使用するのか、カラーや濃度を装用者に合わせることが重要であるのはそのためであり、どのカラーが適切であるのかどうかもそれによって左右されます。

    たとえばバイクまたはサイクリングでは、装用者は日向と日陰の間を入れ替わり素早く通過することがあります。このような場合には、光の量の変化に目の順応がついていけないために、濃い色のカラーレンズは不適切といえます。

    また、色が無色に戻るまで時間を要するため、調光レンズの装用はサイクリングのような厳しい条件下では控えた方がよいでしょう。

    当社では、ぎらつきを減らし、色を変えない、色の薄めのグレーレンズをお勧めしています。これらのレンズは、一年中、明るい日差しの中でも常に良好な視界を提供します。黄色いレンズは青い光の大部分を遮断し、コントラストを向上させ、でこぼこした表面がより鮮明に見えることを可能にします。

    当社からのアドバイス:眼鏡店で相談するために少し時間をとり、いくつかの異なるカラーをお試しください。カラーを決める際には、快適に感じる濃度の中から、最も明るいものを選ぶのがよいでしょう―これらのメガネを装用したとき、入射光で瞬きをする必要がないことが目安となります。どのようなカラーを選んだ場合でも、キズから守るハードコーティングとレンズ内の煩わしい反射を防止する反射防止コーティングの両方がレンズに施されていることをご確認ください。

  • 追加オプション
  • 眼鏡店を検索する

    自然な視界を可能にするパートナーです。

    お近くの眼鏡店はこちらから検索できます。一人ひとりの目の使い方に合わせて個別に製造される遠近両用レンズについて詳しい情報を提供し、設計いたします。

    • 詳細検索

この記事をシェアする

このウェブサイト上ではクッキーを使用します。 クッキーは、ウェブサイトからあなたのコンピューター上で記憶されるテキストファイルではありません。クッキーは、広く普及しており、ページを最適化して表現し、改善する助けをします。私たちのページを利用することにより、あなたはこれを了承することを宣言します。 詳細