SL Imaging Module

Convenient documentation

SL イメージングモジュール– 高画質の画像、ビデオを簡単に

ハイライト

Integrated imaging

全てのツァイス スリットランプはSL イメージングモジュールを用いて画像とビデオを取得できます。SL cam 5.0は500万画素のカメラとソフトウェアからなり、鏡筒と可変倍率の間に設置され高画質の画像とビデオを取得できるようになります。

テクニカルデータ

  SL cam 5.0
撮影素子
500万画素(2592 x 1944 pixel)
最大解像度
15 fps 1296 x 972 pixel
インターフェース
USB 2.0,
寸法 (W x H x D)
80 mm x 60 mm x 40 mm
重量
Max. 0.35 kg

  SL イメージング ソフトウェア
コンピューターの最小構成条件
CPU 最小. 2.26 GHz
ハードディスク 最小. 250 GB
メモリー 最小. 4 GB
インターフェース . 2つの USB 2.0
CD/DVD drive
モニター解像度 ノート型PC: . 1600 x 900 pixel
デスクトップ型PC : min. 1280 x 1024 pixel
フリーメモリー 60 MB
OS Microsoft Windows XP 32 Bit, Service Pack 3;
Microsoft Windows 7 Professional 32/64 Bit, Service Pack 1
必要なソフトウェア Adobe Acrobat Reader version 9 以上
Microsoft Media Player version 10 以上
Microsoft .Net Framework 4

オプションとアクセサリー

SL workstation

SLイメージング ソフトウェアはSLワークステーション上にプレインストールされています。またSLイメージング ソフトウェアは様々なコンピューターで動かすことが出来ます。

Retrofit options

SL cam5.0カメラは、現在、SL115 classic、SL120及びSL130のすべてのモデルで使用できます。アダプタは20 SLと30のSLモデルと同様にビームスプリッタをアップグレードするために用意されています。

* さらに情報を得るには現地のカールツァイスメディテック、または販売代理店にお問い合わせください。

専門分野

Patient Data Display

新しい患者情報を入力するか、既存の患者を選択します。また備考欄にコメントを追加できます。

Acquisition Display with Camera Settings

ライブ画像が画像取得モードでは表示されます。ユーザーはスリットイメージやゲインの調整、動画の取得時間等の様々な設定を行えます。

 

画像取得の設定

auto-saveのオプションを設定していると最後に取得された画像または動画が自動的に保存されます。取得された画像のうち5つまでが表示され、その中から良い画像を選択して保存します。

Acquisition Display with Image Memory

取得された画像は「イメージメモリー」フォルダーに保存されます。追加画像やビデオも同じフォルダーに保存され、保存された画像にはチェックがつきます。

Review Mode with Flicker Tool

レビュー画面は保存された全てのデータを表示します。二つのデータを比較検討したり、画像の角度や位置、スケールの変更を行えます。

詳細

このウェブサイト上ではクッキーを使用します。 クッキーは、ウェブサイトからあなたのコンピューター上で記憶されるテキストファイルではありません。クッキーは、広く普及しており、ページを最適化して表現し、改善する助けをします。私たちのページを利用することにより、あなたはこれを了承することを宣言します。 詳細