バイオメトリーを追求して20年 ZEISS 光学式バイオメトリー

ZEISSの光学式バイオメトリー

これまで1億5千万眼を超えるIOL度数計算が行われてきました。

約20年前、ZEISS社は初代の光学式バイオメトリーを発売し、IOL度数計算に革命を起こしました。以来、IOLマスターはこれまでに1億5千万眼を超えるIOL度数計算を行っており、眼科領域において世界で広く使用されるバイオメトリーとなっています。バイオメトリー用PCIから始まり、継続的な改善が行われたのちに、初のSWEPT-Source OCTをベースとしたバイオメトリーを2014年に発表しました。近年はこのプラットフォームにTotal Keratometry(TK®)そしてCentral Topographyを搭載し、バイオメトリーにおいてトップを保つための次のイノベーションにすでに取り組んでいます。

ZEISS IOLマスター

バイオメトリーを追求して20年

IOLマスター700

Total Keratometry(TK®)そしてCentral Topographyを特徴とするこのSWEPT-Source OCT 光学式バイオメトリーは、高度な計測を必要とするトーリックIOLや多焦点IOLを用いる症例で特に効力を発揮します。

IOLマスター(モデル500)

継続的に改良されているこのゴールドスタンダードは、リーズナブルかつ信頼性・スピード・操作性の良さを求める先生方向けにデザインされています。

ZEISS 光学式バイオメトリー性能比較

 

IOLマスター700
(認証番号: 226AHBZX00028000)
IOLマスター(モデル500)
(認証番号:21400BZY00151000)

技術仕様

SWEPT Source OCT、画像ベースB-スキャンバイオメトリ

部分コヒーレンス干渉法(PCI)、A-スキャンバイオメトリ

IOL計算式

Total Keratometry1 およびBarrett Suite2 :Barrett TK Universal II、Barrett TK True-K、Barrett TK Toric

Barrett Suite2:Barrett Universal Ⅱ、Barrett Toric、Barrett True-K

Haigis Suite:Haigis、Haigis-L、Haigis-T、Haigis -TL
Hoffer® Q、Holladay 1,2、SRK®/T

Haigis、Haigis-L、Hoffer® Q、Holladay 1および2、SRK® II、SRK® / T

操作性

信号品質インジケーター、自動モード、クオリティチェック、タッチスクリーン

信号品質インジケーター、自動モード、クオリティチェック

眼軸長取得率

> 99%3

> 93%3

測定時間(両眼)

< 45秒4

< 60秒4

角膜曲率測定

テレセントリック(3ゾーン)、角膜前面および後面(Total Keratometry)

テレセントリック、角膜前面

固視確認

-

網膜スキャン


-

水晶体厚


-

サービス

ZEISS OPTIME

ZEISS社のOPTIME

必要なときにサポートします

高度なシステム可用性に頼りますか?あなたの答えがイエスなら、弊社のZEISS OPTIMEサービス契約をぜひご検討ください。これは、医療機器が常に即時対応できる状態であるよう設計されています。

お問い合わせ

営業部門へのご要望

製品に関するお問い合わせ

カスタマーケア

製品に関するサポートのお問い合わせ

ZEISS ニュースレターへ登録

皆様の日頃の臨床にお役立ていただける製品のご紹介や学会・セミナー情報などを配信しております。