遠近両用レンズについて知っておきたいすべて

ZEISSの遠近両用レンズのラインナップを詳しくご紹介します

めまいや頭痛、首や肩のコリ、倦怠感、階段を上るたびにつまずくなど、新しい遠近両用レンズに慣れるまでは大変だった、という話はよく聞きます。そのため、遠近両用メガネを使ったことのない人の多くは、最初の購入の際に躊躇します。

遠近両用レンズは、一枚のレンズで複数のビジョンソリューションを提供します。

遠近両用レンズの製造は、以前から特別なものでした。このタイプのレンズは、一枚のレンズで近距離から遠距離まで、視線移動の際も常にスムーズでクリアな見え方を可能にします。遠近両用レンズはまさに光学技術の結晶であり、製造には多大なノウハウが必要で、膨大な光学的計算と装用者一人ひとりのパラメータを正確に把握することが求められます。

一般的に遠近両用レンズは、設計段階で装用者の個人的なパラメータを考慮すればするほど、より快適で無理のない視界の提供が可能になり、レンズに慣れるために必要な時間も短くなります。

ZEISSがレンズ製造に、個人の視覚的な習慣や解剖学的データなど装用者自身のパラメータをできるだけ多く取り込んでいるのは、そのためです。装用者一人ひとりに合わせてカスタマイズされた遠近両用レンズは、卓越した快適な見え方を提供します。とはいえ、遠近両用レンズに慣れるには多少の訓練が必要なこともあります。最新の遠近両用レンズについて詳しくは、ZEISS取扱店にご相談ください。遠近両用レンズと老視に関する重要な情報もこちらにご用意しました。

シニアのためのより良い視力

40歳を過ぎると、普通メガネが必要になってきます。累進多焦点レンズは視力を20/20に回復します。

累進レンズ - 小さなマスターピース

完璧なガラス設計が、視力障害を持つ人に理想的なカスタムメイドの視力矯正器具を創ります。

仕事 2017/10/16

タグ : 累進多焦点レンズ

ZEISSオンラインビジョンチェック コントラストや色彩はどの程度はっきりと見えていますか?視覚を素早く簡単にチェックできます。

最高の視界を実現するレンズ

視覚障害のタイプと適したレンズ

視力障害を認識する

近視、遠視、乱視。どんな視力障害があり、どのように矯正できるのでしょうか。

メガネの歴史

「リーディングストーン」という起源からライフスタイルアクセサリーになるまで

累進レンズをより快適に装用するためのヒント

誰でも、すぐに、自分にぴったり合った累進レンズに慣れることができます。

リラックスした運転を可能にします。

ZEISS DriveSafe Lensはなぜ自動車の運転のストレスを軽減し、安全性を向上させるのでしょうか。

とにかくよく見える累進レンズ

ZEISSの累進レンズシリーズは最高のソリューションです - 初めての方にとっても。

メガネ購入のコツ: あなたに合ったメガネの見つけ方

新しいメガネを購入するとき大切なことが2つあります: 最適で心地良い視 界が得られること、そして見た目も良いことです。

メガネは何本くらい必要なものでしょう?

多くの選択肢に迷わないように!

視覚プロフィールチェック ご自分の視覚習慣を確かめ、最適なレンズソリューションを見つけましょう。
お近くのZEISS取扱店を探す