Digital Lens®

デジタル機器による眼精疲労に終止符を

このようなことを予想できたでしょうか?実は、私達は一日に平均80回もスマートフォンや携帯電話を覗き込んでいるそうです。焦点を近くから遠く、そしてまた近くへと、視線を行ったり来たりさせることは、目にとって大きな負担になります。多くの場合、私たちは夕方に目が疲れて、赤くなったり、筋肉が凝ったり、頭痛が出てきてそのことに気づきます。ある程度の年齢までは、私たちの目はあらゆる距離に対して難なくピントを合わせることができます。しかし不便なことに、30歳頃から加齢に伴い、次第に異なる距離を見るためにピントを「調節」する能力が衰えていきます。ほとんど場合、このことに気づいていません。そんなとき、ZEISS Digital Lens®が眼精疲労を軽減できます。

べネフィット

ZEISS Digital Lens®は、スマートフォンを含むデジタル端末を常時使用することによって発生するストレスと眼精疲労の軽減に貢献します。

  • 一日中長い時間スマートフォンやタブレットを使って仕事をしても、常にリラックスした状態を保てます。
  • 視線を近くから遠くへ、常に行ったり来たりさせる必要があっても、快適な視界を提供します。
  • どなたでも非常に慣れやすくなっています。
  • ZEISS Digital Lens®はシーンを選ばず一日中装用していただけます。

Digital Lens®はどのような効果があるのでしょうか?

私たちは、デジタル機器を使用する機会が益々増えています。スマートフォン、タブレットやパソコンを一日あたり5時間以上見ることは、目にとってはマラソンをしているようなものです。

あなたもこのような症状に悩まされていませんか?

疲れ目

肩または首のこり

頭痛

デジタル機器による眼精疲労はどうして起きるのでしょうか?

私たちは、デジタル機器、特にスマートフォンを頻繁に、そして長時間使えば使うほど、近くと遠くの間で切り替えて見なくてはならないことが増えます。眼球内部にある毛様体筋は、私たちの視界を常に調節しています。しかし加齢とともに、その能力は次第に衰えていくのです。そして、私たちは目が疲れたと感じるようになります。夕方になると、今日は目に負担をかけすぎた、使いすぎた、と思います。

頭痛や首の痛み、疲れ目といった症状をすぐにデジタル機器の使用と結びつけて考えることはあまりありません。視界がぼやけたときに、その原因がデジタル機器によるものであるとは思わないでしょう。しかし、これらの症状は、すべてCVS(コンピュータービジョンシンドローム)の兆候かもしれません。不便なことに、私たちの目は30歳頃から加齢と伴って次第に、異なる距離の物を見るためにピントを調節する能力が衰えていきます。

ZEISS Digital Lens®は、眼球内部の毛様体筋をサポートします。広範囲の遠用視界を提供しながら、デジタル機器を見ているときの目を特別にサポートする優れた特長があります。メガネを掛け始めたばかりの方にも、長年メガネを装用している方にも適しており、一日中掛けていても快適です。

Digital Lens®はこうして私たちの視界をサポートしています。

視覚プロフィールチェック ご自分の視覚習慣を確かめ、最適なレンズソリューションを見つけましょう。
お近くのZEISS取扱店を探す