レースはすでに始まっている AUDI AG

アウディはドイツツーリングカー選手権 (DTM) において最も成功している自動車メーカーの一つです。アウディモータースポーツ品質管理部門のレイムンド・クラウスの任務は、車両のすべての部品が図面と仕様書に適合していることを確認すること。ノイブルク・アン・デア・ドナウに位置するZEISSの測定センターが、彼のタスクをサポートしています。

アウディの成功を支えるZEISSのソリューション
ZEISS PRISMO
受託測定
メリット:
  • より大きな測定容量
  • 急な依頼でも迅速に測定
  • 改良された製造プロセス
     

アウディはZEISSの測定サービスを信頼しています

わずか2.8秒で0-100km/h加速、トップスピード275km/h、馬力500以上。アウディRS 5 DTMのデータは実に見事です。それもそのはず。2017年はアウディモータースポーツがDTMにおいて最も大きな成功を収めた年であり、2年連続優勝を成し遂げました。この偉業を成し遂げるには、有能なドライバーはもとより、完璧に調節されたレーシングカーが必要です。レイムンド・クラウスは2001年以来、品質管理部門の責任者を務めています。レーシングカーの試作車開発は持続的なプロセスであり、部品は大量生産品というよりは特注品です。これはすなわち、クラウスの仕事には終わりがないことを意味します。品質保証を最優先する必要があり、特に、不良が生じた場合にドライバーの命を危険にさらしかねない重要部品には 100%検査が行われ、定期的に測定されます。

アウディRS 5 DTM
アウディRS 5 DTMは0-100km/h加速がわずか2.8秒、トップスピード275km/h、馬力500以上を誇ります。
ZEISS測定センターのアーミン・エーベルハルト
アーミン・エーベルハルトは、ZEISS測定センターにてアウディモータースポーツのシャーシ部品をしばしば測定しています。

サーキットおよびサーキット外での最高速度

ノイブルク・アン・デア・ドナウに位置するアウディモータースポーツの拠点には、測定試験場がありません。同社は以前は、部品をインゴルシュタットの本社まで輸送して測定を行っていました。とはいえ、これでは測定を柔軟な時間枠で行うことができず、あっというまに余力が失われました。これを受けて、クラウスはZEISSに問い合わせました。彼は本社の品質保証部門で働いた経験から、自社の高品質の測定機器にはすでになじみがありました。クラウスにとっては、PiWebを使った測定結果表示が決定的でした。このソフトウェアは開発エンジニアとのコミュニケーションを簡略化するからです。2012年、ZEISSはアウディモータースポーツチームの測定作業を引き受けるようになりました。2015年以降はノイブルク・アン・デア・ドナウの新しい測定センターで測定を行っています。「測定センターは設備が整っており、私たちのピークフェーズおよび計画によく適応しています。私たちの部品はしばしば急に急ぎで測定が必要になります。結果を1週間後まで待つ余裕はないのですが、 幸運にもZEISS測定センターは非常に柔軟な対応をしてくださります。実にありがたいことです」

「当社では、ゴール地点に向かうレースはオフィスから始まります。私たちに必要なスピードと品質を提供してくれるZEISSは、アウディにふさわしいパートナーです」

アウディモータースポーツ品質責任者、レイムンド・クラウス

すべての測定結果が同じように生成されるわけではない

測定試験所を率いるカルステン・ゲリッケと彼のチームは、コントロールアーム、タイロッド、スピンドルを含むアウディのあらゆるタイプのパーツの100%検査を行っています。チームは主に座標測定機 (CMM) のZEISS PRISMOおよびCONTURAを使用し、粗度と輪郭測定にはSurfcomシステムを用いています。あらゆるレーシングカー部品は一定の走行距離、通常は6000kmごとに測定されます。その間に事故などの予想外のことが起こった場合、ZEISSチームはすぐに仕事に取り掛かり、全部品を検査して最大限の安全を確保します。計測の専門家は計測プロセスの分析もサポートします。「ZEISSは、すべての測定結果が同じように生成されるわけではないことを教えてくれました。私たちの測定結果がサプライヤーのそれと異なることがあるのは、だからなんですね」とクラウスは語ります。

素晴らしいパートナーシップ:ノイブルク・アン・デア・ドナウのZEISS測定センターを率いるカルステン・ゲリッケと、アウディモータースポーツ品質責任者のレイムンド・クラウス
素晴らしいパートナーシップ:ノイブルク・アン・デア・ドナウのZEISS測定センターを率いるカルステン・ゲリッケと、アウディモータースポーツ品質責任者のレイムンド・クラウス

ノイブルクの測定センターで検査ラボ副長を務めるアーミン・エーベルハルトが行った測定は、サプライヤーの測定方法および製造プロセスの両方に問題があることを示唆しました。すべてのDTM車両は標準部品を使用していることから、エーベルハルトはドイツにおける自動車レースの運営組織であるドイツモータースポーツ連盟の会合にて、自身の測定結果が正しいことを、すべての参加自動車メーカーの代表者に納得させる必要がありました。エーベルハルトは最終的に説得に成功し、 結果として製造手法は修正され、測定結果は正しくなりました。「当社では、ゴール地点に向かうレースはオフィスから始まります。私たちに必要なスピードと品質を提供してくれるZEISSは、アウディにふさわしいパートナーです」

アウディについて

アウディはスポーティな自動車、高い製造品質、そして先進的なデザイン、すなわち「Vorsprung durch Technik (技術による先進)」を象徴しています。1899年にホルヒ&チエ 自動車工業として創設。今日、アウディは世界有数の高級車メーカーとして知られています。成功の背景には、アウディのイノベーション能力があります。アウディはクアトロパーマネント全輪駆動、アルミニウム製のアウディスペースフレーム (ASF) を用いた軽量構造、そして今日のパイロット運転により自動車の歴史を書き換えてきました。アウディは100を超える市場で操業し、成長を続けています。2017年、アウディグループはアウディブランドの乗用車1,878,100台を消費者に届けました。アウディは現在全世界で90,000人の従業員を擁しており、そのうち6万人以上はドイツのインゴルシュタットおよびネッカーズルムの拠点で働いています。