イノベーションの基盤となるか。完璧な3Dモデル JP3D TecVision

ドイツ南東部のシュトラウビングの町では、イノベーションとは単なるはやりの言葉ではありません。それは企業にとって必要なものです。JP3D TecVisionは、JP Industrieanlagen GmbHの子会社です。JPIndustrieanlagen GmbHは、20年以上にわたって特殊な機械、自動化ソリューション、ロボティクスを生産しています。JP3D TecVisionは、革新的な製造技術に集中し、新しいビジネスモデルを開発することを目標に設立されました。

JP3D TecVisionがZEISSのソリューションを用いて成果を上げた方法
ZEISS colin3D
成果:
  • 簡素化され、非常に柔軟でありながら正確かつ迅速な品質保証プロセス
  • リバースエンジニアリングによる3Dモデルの実現
  • ZEISS colin3Dソフトウェアにより、簡単操作と高精度を実現

JP3D TecVision、ZEISS COMETを使用して3Dプリンタ部品を検査

"「私たちは未来に投資すると決めています。アディティブマニュファクチュアリングは間違いなく明日の技術です」と、JP3D TecVisionのアディティブマニュファクチュアリング部門の責任者、Dr. Roman Lengsdorf氏は述べています。

Roman Lengsdorf氏は、品質保証で光学式測定システムを使用したいと考えていました。Lengsdorf氏は、ZEISS COMETを初めて見たときに感銘を受けたと言います。

「このソリューションが現場でどのように機能するかを確認する必要がありました」。シュトラウビングの測定室での3Dセンサのセットアップは、システムの可搬性が高いため、わずか1時間で完了しました。これは、決定を下すのに十分な事実でした。「私たちは感動し、すぐにこのソリューションを注文しました」"

 


ご興味がおありですか?お客様導入例をご覧ください。

データを入力すると、お客様導入例を無料でダウンロードいただけます。JP3D TecVisionでどのようにZEISS COMETを使用しているかをご紹介しています。

JP3D TecVision checks 3D-printed parts using the ZEISS COMET