品質のためのポールポジション Müller Präzisionsteile

Müller Präzisionsteile GmbHは、名前が会社のすべてを物語っています。この会社は、フォーミュラ1用を含む、高精度の特殊部品を供給しています。ZEISSの座標測定機により品質を保証し、ZEISS FixAssistでスタイラスの迅速な調整を行っています。

Müller社がZEISSのソリューションを用いて成果を上げた方法:
ZEISS PRISMO
ZEISS FixAssist
成果:
  • スムーズなプローブ交換
  • 測定ミスをなくす
  • 100%の再現性を持つ設定
  • 角度調整装置により調整時間を短縮

座標測定機により高精度の特殊部品の品質管理を保証

"フェラーリやBMWといった企業が次々と出入りする、ニュルンベルクの南にある人口5500人の村、ピルバウムの工場に、気づかない人もいるでしょう。従業員は130人、目立たない工業団地の真ん中にある製造施設で生産する部品の品質は、レース用自動車の設計者だけでなく航空機や原子力発電所の設計者をオーバープファルツに引き付けるほどのものです。この会社の名前はMüller Präzisionsteile GmbHと言い、まさに名は体を表すといったところです。Präzisionsteileはドイツ語で精密部品を意味します。
創業者のGeorg Müller氏の息子であるStephan Müller氏は、工場見学ツアーで本領を発揮します。Audi社の自動車向けのカムシャフトは、バルブごとに2つのカムを備え、シフト可能で、これによりエンジンに異なる出力特性が与えられます。素人でも、可動スリーブを備えたシャフトを非常に正確に製造する必要があることがわかります。"

高精度の特殊部品を持つミュラー社の社長
この会社は、フォーミュラ1用にも高精度の特殊部品を供給しています。
創業者の息子、シュテファン・ミュラー。
創業者の息子であるStefan Müller氏は、品質保証部門を誇りに思っています。

各部の測定記録

"Müller氏が最も誇りに思うのが、品質保証部門です。工場から出荷される各部品に対して、完全な測定記録を保有しています。記録は、原子力発電所の部品の場合は最低10年間、場合によっては25年間保管されます。顧客は高い精度を文書に記録することもできないし、完全に私たちの記録に頼っている、とMüller氏は誇らしげに言います。5台のZEISSの工業用座標測定機が、これに大きく役立っています。ZEISS ACCURA、ZEISS O-INSPECT、3つのZEISS PRISMOで構成され、そのうち2つにはロータリテーブルがあります。従業員は2交代制で働いており、測定機は24時間体制で稼動しています。長時間の測定プログラムは夜間に実行されます。
品質保証部門は休むことができないため、プローブをできるだけスムーズに交換できるソリューションを探していました。その答えは、ZEISS工業用座標測定機であるFixAssist VASTで見つけました。"

最初は私にはおもちゃのように見えたのですが、これは非常に正確で使いやすく、頑丈な製品でした。」" 

品質保証責任者、Günter Eckstein氏

ヘッド交換時に測定エラーが発生しません

品質検査担当者、Michael Ehrnsberger氏がその仕組みを教えてくれました。スタイラスシステムのプレートを固定し、六角レンチでねじを外して調整します。これで設定が完了し、Ehrnsberger氏が再びねじを締めます。かかった時間はわずか数分。これで、設定は100%再現されます。独創的でシンプルな機械でスタイラスを安全に固定するため、手が自由に使えるようになります。この作業は、毎回30分かかっていました。時間は貴重です。この作業の間は、測定機の生産性はゼロでした。
また、この装置により調整を素早く行えるだけでなく、測定エラーも防ぎます。測定エラーは例えば、スタイラスが斜めに狭い隙間に移動する状況などで発生します。スタイラス球がシャフトの大きさとあまり変わらない場合、球ではなくシャフトが測定対象物上に位置し、大きな偏差が発生する可能性があります。「頻繁にヘッドを交換する場合、FixAssistを購入した方が良いと思います」と、品質保証責任者、Günther Eckstein氏はお勧めします

ZEISS FixAssistを使用して、プローブをできるだけスムーズに変更します。
ZEISS FixAssistを使用して、プローブをできるだけスムーズに変更します。
Müller Präzisionsteile GmbHについて

Müller Präzisionsteile GmbHは、ニュルンベルク近郊のピルバウムにあり、モータースポーツ、原子力発電所、航空産業向けの高精度部品を少量製造しています。前身の会社は、機械販売の会社として1965年にGeorg Müller氏によって設立されました。1977年に受託製造を開始し、1年後に最初のCNC座標測定機を購入しました(当時としては本当に革新的なことでした)。Müller Präzisionsteile GmbHは1985年に設立されました。現在、従業員は130人で、旋削、フライス加工、研削、侵食などの完全な金属加工プロセスチェーンと包括的な品質保証に精通しています。