成功の鍵を握るZEISSソフトウェア ZEISS NEOソフトウェアに非常に感銘を受けた自動車メーカー、ZEISS CT装置を購入。

ODW-ELEKTRIKが製造する部品は、世界中の車両に搭載されています。何十年もの間、同社はその部品の品質と信頼性の確保にZEISSのソリューションを採用してきました。最近、この自動車サプライヤーは、これまで使用してきた複数のZEISS O-SELECTシステムと、ZEISS NEO select、ZEISS NEO insights、ZEISS PiWebソフトウェアソリューションを含むZEISSソリューション群に新しく X線CT装置 ZEISS METROTOM 800を加えました。品質管理責任者はこう述べています。「ZEISS METROTOM CT装置を選択した主な理由がそのソフトウェアでした」

ODW-ELEKTRIKがZEISSのソリューションを用いて成果を上げた方法:
ZEISS METROTOM
成果:
  • 1回のスキャンで、部品検査に必要なすべてのデータを取得可能。
  • CT装置で、部品内部を外観を破壊せずに検査可能。
  • サンプリングの測定および評価時間を25%短縮
  • シュタイナウで作成された点群へのアクセスは、ZEISS NEO Insightsソフトウェアを使用して他の場所から評価可能
  • スキャンデータから最適化された製造プロセスを実現し、部品の品質が向上

決定要因:ソフトウェア

課題:無欠陥戦略

ODW-ELEKTRIKは、高品質のケーブル製品、ソレノイド、メカトロニクスシステムの開発パートナー/サプライヤーです。製造する製品のほとんどをBosch、Autoliv、Brose、VW、ZFに供給しています。「OEMは、より厳しい品質要件を満たす必要があります」と、会社を率いるMartin Ehret氏は言います。また、内蔵の電子部品はさらに小型化、複雑化しています。これに加えて、顧客はODW-ELEKTRIKなどのサプライヤーが無欠陥部品を提供し、追加検査をしなくても取り付けできるようになることを期待しています。「私たちの責任は大きいものです」と、Ehret氏は述べています。将来的に3D非接触測定を行えるようにするため、ODW-ELEKTRIKはドイツのシュタイナウにある測定室にZEISS METROTOMを導入しました。

測定室では、社員がZEISS O-SELECTを使用してODW-ELEKTRIKの部品を検査します。
測定室では、社員がZEISS O-SELECTを使用してODW-ELEKTRIKの部品を検査します。付属のソフトウェアZEISS NEO selectは使い易く設計されています。
2Dから3Dへの移行:産業用コンピュータ断層計ZEISS METROTOMは優れた機能を備えています。
2Dから3Dへの移行:将来的に3Dの非接触測定を実行できるようにするため、ODW-ELEKTRIKはシュタイナウの測定室にZEISS METROTOMを導入しました。

ソリューション:部品の隠れた箇所を検査できるCT装置

この工業用X線CT装置はさまざまな優れた機能を備えていると品質管理責任者のThomas Mack氏は言います。従来の測定技術では、検査は時間のかかるプロセスであり、しかも部品をレイヤー単位で破壊する必要があります。しかし、工業用X線CT装置を使用すれば、部品を破壊することなく、見えない構造を3Dで視覚化および分析することが容易になります。独自のCT装置を購入する前は、ケルンのZEISS Metrology Centerに部品を送ってX線検査を行い、ZEISS NEO insightsソフトウェアを使用して社内で点群を評価していました。測定技術にとってソフトウェアはどれほど重要なものとなっているのでしょうか。「最近では、より迅速に信頼性の高い測定結果を得られるということは、いかに優れたハードウェアとソフトウェアを持っているかということを意味するようになっています。最終的に、これはプロセス管理の改善や高品質な製品の製造に役立ちます」

利点:部品検査を迅速かつ包括的に行える

"Mack氏にとって、メリットは明らかでした。「X線検査を1回行うだけで、部品のチェックと測定に必要なすべてのデータと最新のイノベーションが得られます。このデータには、CMMで行う3D測定では見ることができないエアポケットも含まれています」また、測定プランの作成が接触式測定よりも大幅に迅速に行えることも重要です。サンプリング時の測定と分析に必要な時間が、以前と比べ最大75%短縮しました。
ZEISS NEO insightsを使用すると、オペレータは従業員がシュタイナウで実行されたCT検査から点群を分析する会社の他の場所やサプライヤーの拠点などのオフラインプログラミングステーションで作業することもできます。"

ZEISS NEOの洞察。部品のボリュームモデルとCADデータとの偏差が、便利な偽色比較で表示されます。
測定室の責任者であるBernd Föller氏は、CT検査で作成されたボリュームモデルを使用して、会社が品質要件をどのように満たしているかを示す図を作成しています。

測定室の責任者であるThomas Mack氏とBernd Föller氏の2人は、このソフトウェアを非常に気に入りました。「直感的なユーザーインターフェースから、求めるポイントを表示することができます。ZEISS NEO selectでよく使っている機能である青いスレッドが、測定全体をガイドしてくれます。

さらに、多くのタスクでは、多数のメニューをクリックしなくても、直接モニタ上でマウスを使用して作業できます」とMack氏は言います。

測定レポートは、ZEISS NEO selectおよびZEISS NEO insightsに統合されている追加ソフトウェア、ZEISS PiWebを使用して作成されます。これにより、測定結果を最適に表示し、評価することができます。

CardioBridge Logo
ODW-ELEKTRIKについて

ODW-ELEKTRIKは、高品質のケーブル製品、ソレノイド、およびメカトロニクスシステムの開発パートナー/サプライヤーです。1970年代初めの設立以降、この家族経営の会社は、製品ポートフォリオの継続的な開発と拡大、および生産プロセスの最適化に取り組んできました。ODW-ELEKTRIKは、ヨーロッパに4か所、北米に1か所拠点を持ち、従業員は約2,300人です。自動車メーカー、システムプロバイダー、およびそのサプライヤーに完全なソリューションを提供しています。