体系的な品質保証 自動車サプライヤーであるSchaeffler社は、生産においてZEISSの測定技術を活用しています
Schaeffler社がZEISSのソリューションを用いて成果を上げた方法:
ZEISS COMET
ZEISS PRISMO
ZEISS CALYPSO
ZEISS colin3D
成果:
  • ZEISS COMETを生産で使用することにより、Schaeffler社はガイドレールなどの部品の測定時間を最大30%削減することができました。測定には10分もかかりません。平均で7分程度です。
  • 以前使用していた接触式座標測定機では、測定室まで歩いて行き、測定技術者の作業を待つ必要がありました。
  • そのため、さらに時間の節約と効率の向上が実現します。

最高精度のプラスチック部品の製造

早くも2008年に、ZEISS METROTOM X線CT装置が、それまであったZEISS PRISMO座標測定機に追加されました。数年後、品質技術部門の責任者であるChristian Frühwald氏は、ZEISS COMET 3D測定機を直接取り付けた検査システムを生産に導入しました。

効果のある投資:実行時間と待機時間をなくし、ZEISS COMETの利点である測定プロセスの自動化と速度により、Schaeffler社は製造されたプラスチック部品の測定時間を短縮し、同時に不良品の発生を減らしました。

Interested? Read the Application Story!

Fill in your data and download our application story for free.