成長を続けるための重要な要素

過去数年間にわたり、オーストリアの高圧ダイカストおよび射出成形製造業者であるTCG UNITECHグループは業界のリーダーを担ってきました。製造プロセスが将来も競争力を維持するために、オーストリアのキルヒドルフにある本社でZEISSのX線CT装置に投資することが決定されました。

TCG UNITECH社がZEISSのソリューションを用いて成果を上げた方法
ZEISS METROTOM
ZEISS CALYPSO
成果:
  • より効率的な工具補正 - 測定時間を75%短縮
  • 最適化されたダイカストプロセス
  • 顧客との測定結果の早期検証 - バッチ生産に対する迅速な承認

自動車部品サプライヤーのTCG UNITECHはZEISS METROTOMを使用して品質とプロセスの安定性を確保しています。

課題:最適化されたダイカストプロセス

「私たちは自分自身を自動車業界のパートナーであると考えており、常に革新を推進し、非常に複雑な製品を提供することが私たちの会社を成長させるのです」と、技術担当のマネージングディレクター Walter Mayerは言います。オイルおよびクーラントポンプの開発および製造に加えて、当グループはまた、アウディ、BMW、ダイムラー、ボッシュおよびVWのような会社に幅広くプラスチック部品を供給しています。TCGは主に、ステアリングギアハウジング、カムシャフトキャリア、カバープレート、薄肉内装部品など、320種類のアルミニウムとマグネシウムの高圧鋳造部品に焦点を当てています。オーストリアのこの会社は、コンポーネントをインストールする準備が整うように、これらを高精度のCNC制御の機械で処理しています。ダイカストプロセス全体を最適化するために、1年以上前にZEISS METROTOM 1500を使用し始めました。これは大胆な一歩でした。TCG UNITECH グループ(TCG)の品質管理責任者であるDavid Demmelmairは、次のように述べています。「X線CT装置を使用してキャストブランクを検査することは、業界のルールというよりは依然として例外的な存在です」。

TCG UNITECHグループの研究室チームおよび環境担当責任者を務めるRene Klaffenböck、および品質管理責任者を務めるDavid Demmelmairは、ZEISS METROTOM 1500の大きな利点の1つは、「検出されたボイドが空隙であるのか収縮であるのかを迅速に、そして最も重要なのは確実に判断できることです」と言います。
TCG UNITECHグループの研究室チームおよび環境担当責任者を務めるRene Klaffenböck、および品質管理責任者を務めるDavid Demmelmairは、ZEISS METROTOM 1500の大きな利点の1つは、「検出されたボイドが空隙であるのか収縮であるのかを迅速に、そして最も重要なのは確実に判断できることです」と言います。
ZEISS METROTOM 1500を使用すると、TCG UNITECHグループのさまざまなダイカスト製品の製造上の欠陥を簡単に修正できます。
ZEISS METROTOM 1500を使用すると、TCG UNITECHグループのさまざまなダイカスト製品の製造上の欠陥を簡単に修正できます。

ソリューション:ZEISS METROTOM

2016年以降、ZEISS METROTOM 1500 X線CT装置がキルヒドルフの生産ラインのすぐ隣で使用されています。「X線CT装置は革新的な技術です」と、TCGの研究室チームのリーダーで環境責任者のRene Klaffenböckは説明します。「私たちのX線CT装置の測定結果が他の測定システムや方法で得られるものと同等であることを保証する測定戦略を開発することは、これまでもそして今も挑戦的なことです」。これは彼と彼の同僚が何か月もかけて仕事をしてきた仕事のひとつです。例えば、体積モデルの目に見える欠陥を適切に評価するために、Klaffenböckは測定対象物上の目立つ領域を層ごとに切り出し、光学顕微鏡で検査しました。エンジニアは結果と彼のチームが学んだことを数え切れないほどのフォルダーにファイルしています。「この新技術を早期に採用したことで、業界で2〜3年のリードを築いています」とKlaffenböckは言います。

4つの品質保証検査を行う代わりに、ZEISS METROTOMだと1回測定するだけです。

TCG UNITECHグループの研究室チームの責任者で環境責任者のRene Klaffenböck

利点:競争力の強化

DemmelmairとKlaffenböckによる、このシステムを使用する大きな利点は以下の点です。「検出されたボイドが空隙であるのか収縮であるのかを迅速に、そして最も重要なのは確実に判断することができます」。この利点により、当社のダイカストチームは機械を正しく調整することができます」とKlaffenböckは言います。初期の結果により、生産性の向上を予測するエンジニアの計算が正しいことが確認されました。さらに、新しいソフトウェアを導入することでX線CT装置のもう1つの利点が生まれました。「ZEISS METROTOMにより、新しい部品や試作品の完全で詳細な画像が得られます。そして、ZEISS Reverse Engineering ソフトウェアを使用することで、ツール補正が迅速かつ効率的になります」とDemmelmairは言います。TCGの顧客は有望なこのシステムの利点を評価しています。「このシステムはバッチ生産の承認を早めました」と彼は言います。「私は、X線CTがTCGとその中央ヨーロッパの製造拠点が今後も成長を続けるための重要な要素であると考えています」。

オーストリアの高圧ダイカストおよび射出成形会社であるTCG UNITECHグループの経営陣は、多くの経営幹部が唯一望んでいたことを達成し、競合他社を上回っています。
オーストリアの高圧ダイカストおよび射出成形会社であるTCG UNITECHグループの経営陣は、多くの経営幹部が唯一望んでいたことを達成し、競合他社を上回っています。
TCG UNITECHについて

2017年末、オーストリアの新聞OÖNachrichtenは、TCG UNITECHグループの発展を「過去数年間で最も印象的な経済的サクセスストーリーの1つ」と評しました。2009年の経済危機をきっかけに、オーストリアのクレムスタール地域で最大の雇用主である同社が崩壊の危機に瀕していたため、この業績は特に驚くべきものでした。今日、TCG UNITECHグループは1,000人を超える従業員を擁しており、2017年のグループ総売上高は2億2,000万ユーロでした。オイルおよびクーラントポンプの開発および製造に加えて、当グループはまた、アウディ、BMWおよびVWのような会社に幅広くプラスチック部品を供給しています。TCGは主に、製造する約320種類のアルミニウムとマグネシウムの高圧鋳造部品に重点を置いています。これらには、加工無しですぐに取り付けられるステアリングギアハウジングが含まれます。