3Dデータが新たな知識への扉を開く ナイル川流域の過酷な条件
ヴュルツブルク大学がZEISSのソリューションを用いて成果を上げた方法
ZEISS COMET
ZEISS colin3D
成果:
  • 厳しい気象条件や強い振動などの過酷な条件に対応するポータブルで頑丈な3Dスキャナ
  • 難しい表面でも、ZEISSの3Dスキャナは正確な測定データを提供
  • 3Dデータは3Dプリンタでも使用可能そのため、寺院のレリーフや重要な箇所の複製を、博物館で作成することも可能

ZEISS COMETは発掘現場での考古学的発見の記録や評価に使用されます。

2017年3月、このコンパクトな携帯型3Dスキャナがエジプトのエドフのホルス神殿で使用されました。この初めての重要なテストは首尾よく成功しました。「神殿の屋根はいまだ手付かずで、屋内はほぼ完全に保存されています。理論上は、これらはスキャンに最適な条件です。しかし、観光客が神殿を通る経路を認識できるように設計された地上の蛍光灯が、いわば障害物となります」と、エドフ神殿での発掘を主導しているヴュルツブルク大学のエジプト学学長、マーティン・シュタッドラー教授は言います。

「私たちは、3Dデータを3Dプリンタでも使用することができます。ですから、寺院のレリーフや重要な箇所の複製を、博物館で作成できるかもしれません」

Interested? Read the Application Story!

Fill in your data and download our application story for free.