プラスチック製品の精度 ZEISSのソリューションで射出成形部品の品質を保証
Unika社がZEISSのソリューションを用いて成果を上げた方法
ZEISS AICell trace
ZEISS CALYPSO
ZEISS colin3D
成果:
  • ZEISS COMETを導入する以前は、Unika社は部品を外部サービスプロバイダーに送付して検査してもらわなければなりませんでした。そのため、高額な費用と時間がかかっていました。
  • 品質保証が簡素化され、高い柔軟性を備えているため、精度と速度が向上しました。
  • COMET用のZEISS colin3Dソフトウェアも、ZEISSの測定機用ソフトウェア、ZEISS CALYPSOに対応しています。

小さな射出成形部品で大きな課題を抱えたUnika社

ZEISS COMETで測定する部品は、眼鏡のフレームのヒンジ用プラスチック製ピンで、ピンの頭よりも大きいことはほぼありません。「部品が小さすぎるため、座標測定機 ZEISS CONTURA で測定できませんでした」と測定室マネージャー、フィンボ氏は回想します。「そのため、ZEISS COMET 3Dスキャナの導入を決めました」

現在はもちろん、眼鏡のフレームのピンの測定だけではなく、さまざまなプラスチック部品や金型にも使用しています。4つのレンズセットが異なる測定範囲に対応できます。

ZEISS COMETも、リバースエンジニアリングで重要な役目を果たします。時には、CADデータのない部品や木製の模型のプラスチック製品化を要求されることもあります。

Interested? Read the Application Story!

Fill in your data and download our application story for free.