プラスチック製品の測定ソリューション

プロトタイプの開発からインラインでの品質管理まで

プラスチック業界では、ZEISSの座標測定機が生産プロセスチェーン全体で使用されています。 ZEISSの測定技術は、すでに、試作開発におけるKPI設定に役立てられています。 さらに、インラインの品質管理検査だけでなく、試作品のコンポーネントとツールの分析も実行することにより、最適な生産プロセスが保証されます。

応用例

非破壊検査による品質保証

例:プラスチック製キャップのネジの嵌合精度

完璧な金型修正への近道

例: タンクベントバルブのハウジング

樹脂成型品のランダムサンプリング

例:シートベルトバックルのボタン

導入事例

プラスチック製品の精度

ZEISSのソリューションで射出成形部品の品質を保証

イノベーションの基盤となるか。完璧な3Dモデル

JP3D TecVision、ZEISS COMETを使用して3Dプリンタ部品を検査

常に数歩先を行く

射出成形金型メーカーがZEISS REVERSE ENGINEERINGを導入して修正工程を加速

呼吸に必要な空気

接触式センサ、光学式センサ、ホワイトライトセンサにより、2倍の精度と測定時間の短縮を実現