ZEISSについて

ZEISSは光学およびオプトエレクロニクスの分野で世界的に事業を展開するテクノロジー企業です。昨年度、ZEISSグループはIndustrial Quality & Research、Medical Technology、Consumer MarketsおよびSemiconductor Manufacturing Technologyという4つの事業部門で総額58億ユーロを超える年間収益を生み出しました (2018年9月30日現在)。

お客様向けには、ZEISSは工業測定技術と品質保証分野の革新的なソリューション、生命科学および材料研究向けの顕微鏡ソリューション、眼科およびマイクロ手術領域での診断と治療のための医療技術ソリューションを開発・提供しています。ZEISSはまた、リソグラフィ光学業界を世界的にリードしており、半導体部品を製造するチップ業界を支えています。メガネレンズ、カメラレンズ、双眼鏡など、トレンドを率いるZEISSブランド製品はグローバルな需要を生み出しています。

デジタライゼーション、ヘルスケア、スマート製造など今後成長が見込まれる分野に対応したポートフォリオと、強力なブランド力により、ZEISSは光学と光電子工学分野を超えて未来を形作っています。研究開発への大規模かつ持続的な投資が、ZEISSテクノロジーおよび市場リーダーシップの成功と継続的な成長の基礎をなしています。

約3万人の従業員を抱えるZEISSは、50か国近くで事業を営み、世界各地に約50の販売&サービス会社および30の製造拠点と開発センターを擁しています。1846年イエナに創立された当社の本社はドイツ連邦共和国オーバーコッヘンに所在します。ドイツ有数の規模を誇るカールツァイス財団は、持株会社であるCarl Zeiss AGの単独所有者として、科学の振興に尽力しています。

ZEISS Vision Care

ZEISS Vision Careは、メガネレンズと眼科光学検査機器の分野において世界有数のメーカーです。Consumer Marketsセグメントに含まれる部門であり、眼科光学のバリューチェン全体に沿って、世界中でZEISSブランドの下で販売される製品レンジの開発製造に携わっています。

ZEISS品質方針

The ZEISS Policy describes the understanding of ZEISS on the following core topics:

  • the ZEISS brand, products & customer satisfaction
  • employees, health and safety &
  • compliance & social responsibility
  • external relationships, partners & suppliers
  • environmental protection & energy efficiency
  • continuous improvement processes & setting goals

Compliance is an essential component that guides all of our business-related actions and behavior.