子供用メガネ:子供を眼鏡店に連れて行く

子供の目とメガネに関するアドバイス

目は私たちにとって最も重要な感覚器官でしょうか。肌や鼻、耳や舌よりも大切でしょうか。簡単には答えられない問いですが、 一つだけ確かなことがあります。私たちは特に子供は、視力障害が生じると、回りの世界に適応しにくくなり、生きていく楽しみも損なわれてしまいます。現代のように視覚情報が氾濫している社会ではなおさらです。そのため、親は子供の目に特に注意を払い、視力の発達を見守る必要があります。BETTER VISIONでは、子供の目とメガネという複雑で重要なテーマについて、いくつかのアドバイスをまとめました。


子供の低視力に気づくために

ゲーム感覚で楽しめる視力検査を

検眼士のヘンドリク・ガウゼポール氏は、子供の視力の発達を注意深く見守るように勧めています。斜視や痙攣、瞳孔の混濁のような兆候が見られたら、すぐに眼科に相談しましょう。家族に目の病気や低視力がある場合も同様です。もうひとつの危険信号は、赤ちゃんが話しかけている人と視線を合わせようとしない場合です。

幼児の水晶体はまだ非常にやわらかく、非常に効率的に順応するので、さまざまな距離に簡単に対応できます。片方の視機能がもう一方に比べて弱い場合では、「良い方の目」が悪い目を補おうとするので、両親は気づかずにいることがあります。そのため、子供は早めに、3歳ごろから目の検査を受けることをお勧めします。

就学前には眼鏡店/眼科を訪問しましょう。14歳頃にも、思春期の子供の目に異変がないかどうか、特に近視が始まっていないかチェックするための視力検査が不可欠です。次の視力検査としては一般的に、青年となって運転免許を取得するときに必要になります。

子供のための適切なメガネフレーム

フレームを選ぶのは簡単ではありません。子供のメガネフレームを選ぶ時、見た目だけが重要ではありません。

健康と予防 2017/10/16

タグ : 子供用メガネ

子供に良い視力を

子供用メガネには厳しい条件が要求されます。

ZEISSオンラインビジョンチェック コントラストや色彩はどの程度はっきりと見えていますか?視覚を素早く簡単にチェックできます。
子供たちの目 赤ちゃんは生まれるとすぐ見えるようになります。しかし視覚の鋭さは時間をかけて発達していきます。
クールに見えるだけではありません:子供の目のためのサンプロテクション サングラスは、子供がかけた場合であってもクールに見えます。しかし、子供の繊細な目を守ることは、クールな外見よりも大切です。
視覚プロフィールチェック ご自分の視覚習慣を確かめ、最適なレンズソリューションを見つけましょう。
お近くのZEISS取扱店を探す