シニアのためのより良い視力

40歳を過ぎると、普通メガネが必要になってきます。累進多焦点レンズは視力を20/20に回復します。

ある日突然、針の穴に糸を通す事ができなくなったり、新聞を読むのに目から遠く離さなければならなくなったりするかもしれません。それは老化による視力障害の表れです。これは正常なことで、心配する必要はありません。結局は、優良なメガネと累進多焦点レンズによって、鷹のように鋭い視力を取り戻すことができるからです。

始まりは40歳から50歳のころです。目の中のレンズと環状筋が弾力性を失います。が遠くのものや近くのものを自動的に調節すること、つまり専門家の言う 視力調節ができなくなります。目のレンズは距離を調節するために曲がります。

しかし、このプロセスが自然に働かなくなると、近くのものが見えにくくなります。近くのものを見るときレンズが平らなままだと、屈折力が十分ではありません。したがって、近くのものから発進した光線は網膜の内側に像を結ぶので、ものがぼんやりと見えることになります。

遠視の人はこのような問題を早くから経験します。遠視の人は遠くは非常に良く見えますが、近くのものを見るときに問題があります。理由: 眼球が短すぎて目に入ってくる光線が網膜上に正確に写されないからです。

40歳以降の視力

近視の人が近くのものを見るときはメガネをかけないほうが良く見えます。けれどもメガネをかけたりはずしたりするのは、わずらわしいものです。したがって、以前の視力が正常、近視あるいは遠視のいずれであったとしても、最善の解決方法はカスタムメードのメガネをかけることです。
以前の視力が正常だった人は、始めは読書用のメガネだけで十分です。しかし、老化がすすむにつれ視力の問題は大きくなっていきます。多くの人は、しばらくすると中間距離用の視力矯正が必要になります。
このような場合、視覚距離の異なるゾーンを無限に持つ累進レンズのメガネが解決します-視覚の縁が段階ごとに切り離されず、連続移行します。
累進レンズの最大の利点は、一つのものから次のものへと視点が移動するとき、遠近に関係なくはっきりと焦点を合わせられることです。

40歳以上の職場における視力矯正

今日、特殊キャリア用メガネがコンピューターで長時間の作業をする人のために、中距離と近距離の視覚ゾーンを拡大しました。特殊な累進多焦点レンズは使用者とスクリーンの間の距離に合わせてあります。累進メガネにとってレンズの品質は特に重要です。レンズが高い基準を満たしていないメガネを使用するのは非常に困難です。

二焦点、三焦点レンズとは?

二焦点、三焦点レンズとは?

二焦点、三焦点レンズは累進レンズに先行していたものです。これらのレンズは累進レンズを使用したくない場合や使用に問題がある場合に使用できます。これらのレンズのほうがいいという人もいますが、レンズの合わせ目で像が動いたり、すべての視野をカバーしているわけではないので、使用には妥協が伴います。

視覚プロフィールチェック ご自分の視覚習慣を確かめ、最適なレンズソリューションを見つけましょう。
お近くのZEISS取扱店を探す

関連記事

視力障害を認識する 近視、遠視、乱視。どんな視力障害があり、どのように矯正できるのでしょうか。
メガネの歴史 「リーディングストーン」という起源からライフスタイルアクセサリーになるまで
シニアのためのより良い視力 40歳を過ぎると、普通メガネが必要になってきます。累進多焦点レンズは視力を20/20に回復します。
メガネは何本くらい必要なものでしょう? 多くの選択肢に迷わないように!

関連製品