どのレンズにどのフレーム?

優れた視力とスタイリッシュな見た目のための最適なフレーム

あなたが必要とするレンズのタイプと追加機能が決まったら、次はあなたに最適なフレーム選びです。すべてのメガネがすべての人に合うわけではありません。言うまでもなく、あなたのレンズを最適なフレームと合わせるために覚えておかなければならないことがあります。

理想のレンズと最適なフレームを合わせるには、画一的なアドバイスはありません。

ただし、鉄則があります-フレームを選ぶ時は外見だけで決めず、眼鏡店と次の点について相談してから選ぶようにすることです:どこで、どんなときにメガネをかけることが多いですか?どんな癖がありますか?スポーツをするときなどにメガネをかけますか?

縁なしメガネ

縁なしメガネはとてもファッショナブルでエレガントです。その上軽く、あなたの顔立ちを妨げません。けれども、壊れやすいという点もあります。これらのメガネには必ずプラスチックレンズを選んでください。プラスチックレンズ はガラス製レンズよりずっと壊れにくく出来ています。

ナイロンメガネ

ナイロンメガネも超軽量です。レンズはハーフメガネの上か下の部分、あるいはフレーム縁のサイドでナイロン繊維によって支えられています。この結果、一部が縁なしメガネのように見えます。

ZEISSオンラインビジョンチェック コントラストや色彩はどの程度はっきりと見えていますか?視覚を素早く簡単にチェックできます。

子供用メガネ

子供用メガネはガラスが割れて怪我をするリスクを考え、多くの場合プラスチックレンズを使っています。さらに、子供用メガネのフレームも丈夫で壊れにくいものにして、メガネが子供の動きを制限したり妨げたりしないようにします。

スポーツグラス

スポーツをする時や、仕事で激しく体を動かす必要がある時にメガネをかけるのであれば、必ず丈夫なフレームとプラスチックレンズを選ぶべきです。金属製またはプラスチック製のフレームは、どちらもこの用途に適しています。自転車やマラソン、球技などの運動には、風や昆虫、ゴミなどから目を守るラップフレームが必要です。このフレームを使用する場合は、凹型の特別なレンズも合わせて必要になります。

累進レンズのメガネ

もしあなたのメガネに 累進レンズ を入れるなら、眼鏡店に相談して、異なる距離を見るために設けられたレンズの全部分を適切に利用できるような特別なフレームを選んでください。累進レンズの下の部分は読書用になっているため、この部分を快適に使えるように、メガネをかけたときの最低限の高さが決まります。

眼鏡店は瞳の中心からフレームの下までの距離を測ってこの高さを決定します。従って、全てのフレームが累進レンズに使えるわけではありません。

現在の累進レンズは「ショートデザイン」と呼ばれるもので、今流行のフラットフレームデザイン用に特別に開発されています。詳しくは あなたの眼鏡店 に相談してください。

視覚プロフィールチェック ご自分の視覚習慣を確かめ、最適なレンズソリューションを見つけましょう。
お近くのZEISS取扱店を探す

関連記事

パーフェクトなレンズ設計に隠されている秘密 豊富な経験、数学、そしてメガネ装用者のニーズを正確に把握することが、テーラーメイドのメガネを生み出す秘訣です
プラスチックとガラス、どちらのレンズにしますか? どちらの材質がどの人に適しているのでしょうか?より良い視力を楽しむために、メガネを買う前に知っておきましょう。
今日の眼科光学:過去10年間で視覚診断はどのように変化したか ドイツのアーレン大学フォルカー・マイヤー氏とハインリヒ・ラート氏にBETTER VISIONのインタビューに答えていただきました。
オーダーメイドの眼鏡レンズと従来の眼鏡レンズの違いは何でしょうか? 眼鏡は、どのようにして、自然な視力を取り戻す助けとなるのでしょう。

関連製品