健康と予防

CARL ZEISS VISION – 常に期待以上の満足感

160年以上にわたってCARL ZEISSの研究開発は視力の世界を発展させてきました。

16 10月 2021
  • CARL ZEISS VISION – 常に期待以上の満足感

遠距離から至近距離;Google Earth の衛星に搭載されている望遠鏡から研究用の電子 電子顕微鏡; 精密さから最高の信頼性; プロフェッショナル映画撮影用カメラの信頼おける技術から Nokia モバイル電話に組み込まれたカメラのレンズ: 新しい技術が Carl Zeiss社の歴史を作ってきました。もちろん、このことはメガネのテクノロジー、製造技術、視力測定技術についても同じことが言えます。

メガネはどれも同じと思っている人がいます。それは間違いです。なぜならどんな状況でも信頼のおけるメガネを作るためには多くの要素-計測と製造の精密さ、材料の品質、最新技術や品質管理などが関係しているからです。
したがって、Carl Zeissのメガネ製造部では数え切れない革新的な技術の発明がその歴史を形作ってきました。1937年、Carl Zeissが偏光レンズを発明し、1959年、当社で偏光レンズの生産が開始されました。
1983年、Carl Zeissから 世界初の累進レンズが両眼視用に発売され、一つのメガネを通して遠くも近くも自由に見ることができるようになりました。
Carl Zeissはヨーロッパで初めて高屈折率のプラスチックを使ったレンズを製造しました。   この技術が開発されたおかげで薄くて軽いメガネが製造できるようになりました。ZEISSブランドの別の特色はフレームのデザインによってメガネの厚さを変えることができることです。

  • “ショートデザイン”バージョンもカスタムメードの累進レンズで。

2000年Carl Zeissは世界で初めて累進レンズを個々の使用者に合わせて調節し製造することに成功しました。この新世代のカスタムメード累進レンズは、一つのメガネだけで近くのものから遠くの景色まで極めて広い範囲のものをリラックスして見ることのできる手軽さが特徴です。ファッショナブルなフラットデザインのフレームでもこの特徴がお楽しみいただけます。“ショートデザイン”バージョンもカスタムメードの累進レンズで。

2007年、当社はもう一つの革新的な発明を発表しました:それは、i.Profiler®です。高度な精密技術を駆使したこの器具は個々の視覚プロフィールを集成します。   眼鏡店は過去には考慮されなかったパラメータを分析することができます。このパラメータと他の視覚検査の結果に基いて、ZEISS精密レンズは正確に計測され最高の効果が算出されます。

Carl Zeiss VisionはあなたがZEISSレンズを通して見た瞬間からあなたの目を大切にし、完全な視力をお楽しみいただけるよう願っています。


この記事をシェアする