ライフスタイルとファッション

黄色いレンズは人を幸せな気分にしますか?

色つきレンズでより良い視力

16 10月 2020
  • 黄色いレンズは人を幸せな気分にしますか?

色つきレンズがあなたの生活を彩ります。 色つきレンズの利点はなんでしょうか?最も良いのはどの色で、最近のファッショントレンドは何色ですか?この記事では、豊かな色彩を通して物を見ることの楽しさ、そしてあらゆる光と目の状態に最適なレンズの選び方を紹介します。

どんな色のレンズにもフィルター効果があります – 色合いとは関係ありません。ほとんどの人は、黄色いレンズは物をより明るく見せ、より良い気分にさせるという主観的印象を持っています。しかし客観的な立場から言うと、メガネによって明るさが変わるわけではありません。どんな色であるかにかかわらず、色つきレンズは光の全体的明度をカットします。ところが黄色いレンズは光の中の青い成分を大幅にカットするので、コントラストが強くなったような印象を与えるのです。しかし、この効果が得られるのは明るさが十分なときだけです。ですから夕暮れや暗闇ではこの効果はありません。ゴルファーや熱心なスポーツ愛好家、射的をする人は雨の日や霧の中でターゲットをより鮮明に見分けるため、しばしば黄色いレンズを着用します。

バイクや自転車に乗るときは色の濃すぎるレンズを着用すべきではありません(カテゴリー4)。濃いレンズを着用すると光が3~8%カットされ、ブレーキ燈や赤信号に対する認識速度が遅くなるおそれがあります。

単一カラーに加え、イマルジョン製法によって累進カラーのレンズも作られています。これらのレンズは上から下に向かって光のカット率が下がります。累進カラーレンズを使ったサングラスは、上と下で見かけの明るさが変化する環境で使用するのにとても便利です。そのため、バイクに乗る人の多くは累進カラーレンズを愛用します。コンソール上のディスプレイを見るときはレンズの下の色の薄い部分を通して見えますが、道路上のまぶしいライトはレンズの上の色の濃い部分を通して見ることができます。

調査によると、人によってはある色が許容できない場合があります。そこで色つきレンズを選ぶ時は、着用してみて本当に快適であるかどうか確かめることが重要です。眼鏡店の見せる色のサンプルを確かめてからお好きな色を選んでください。

偏光レンズはコントラストを強め、まぶしい光をカットするため、ウォータースポーツをする人やドライバーにとって特に便利です。

ユニークさを求める人へのお勧め商品 - Carl Zeissのファッションカラー:カリブ海、スカイブルー、ネオンライトなど幅広い色の範囲 - オレンジからブラウン、ナチュラルから迷彩色まで - 完璧なカラーがそろいました。


Share this article