IOLMaster moment

The moment you trust the experience of 100 million IOL power calculations.

This is the moment we work for.

Prof. Kenneth J. Hoffer, M.D.
Prof. Dr. Wolfgang Haigis
Prof. Oliver Findl, M.D.
IOLMaster moment
IOLMaster-moment

IOLマスター(モデル500)

Defining biometry

IOL マスター(モデル 500)

認証番号 : 21400BZY00151000

  • ハイライト

    ZEISSのIOLマスター(モデル500)は既に1億以上の症例のIOL度数計算を成功裏に導いております。ZEISS IOLマスター(モデル500)の 最新バージョンでは、光学式生体計測装置の将来に繋がる最先端の一つを体感いただけます。

    独自のULIBデータラインナップ

    術後成績をより良いものに

    どのような眼内レンズ度数計算においても、基本となるレンズ定数なしには信頼性を語れません。ZEISSのIOLマスターで測定した50,000名以上の患者データから構築された300以上の眼内レンズが、完全なる固有のデータとしてUser Group for Laser Interference Biometry (ULIB) ウェブサイトに掲載されております。1 距離に依存しないテレセントリックケラトメトリーや、例外的に器械組み込みを実現したHolladay2式と共に、光学式生体計測のゴールドスタンダードは術者の術後屈折成績を向上させるために貢献いたします。2

    困難な症例での先進的な測定法

    困難な症例での先進的な測定法

    本当の意味での生体計測における試練は、困難な症例での成果です。より過熟な白内障ではZEISSのIOLマスター(モデル500)の測定可能率は他の光学式装置の比較して最高20%ほど高い測定率をだしております。3スタフィローマ(後部ぶどう腫)のような症例や、偽水晶体眼、シリコンオイル注入眼などでもZEISS IOLマスター(モデル500)では視軸にそって測定を行い眼軸長を算出しております。更にIOLマスター(モデル500)にのみ唯一組み込まれているHaigis-L式では近視矯正だけでなく、遠視矯正後の屈折矯正術後の白内障症例に対応できます。

    実証されたトーリックの術後成績, IOLマスター(モデル500)

    実証されたトーリックの術後成績

    合計1900症例以上をカバーしている28の臨床論文をメタ分析した結果、ZEISSのIOLマスターを用いた臨床術後結果における残余乱視は、“ケラトメーターを使用した症例と比較してもそれをしのぐ結果となった”4

    トーリックIOLマーカーレスアライメント

    トーリックIOLマーカーレスアライメント

    新しいオプションであるリファレンス画像はマーカーレスでのトーリックIOLのワークフローのスタート地点です。前眼部の画像はケラトメトリーの測定時に行われます。リファレンス画像とケラトメトリーのデータは手術支援システムのZEISS CALLISTO eyeに転送され、最終的には、マーカーレスに必要な全てのデータが5 ZEISSの手術用顕微鏡の術野の中に映し出されます。

    簡単な操作

    簡単な操作

    デザイン性にすぐれたインターフェースと、再現性の確認、他の光学式装置と比較し最高で4倍の速さでのデータ読み込みが操作性を上げ、待ち時間を削減します。6お客様の変化を、回りの患者や同僚の方々は日々気づかれるでしょう。

    1 Haigis W, http://www.augenklinik.uni-wuerzburg.de/ulib/
    2 Aristodemou P, Knox Cartwright NE, Sparrow JM, Johnston RL, Intraocular lens formula constant optimization and partial coherence interferometry biometry: Refractive outcomes in 8108 eyes after cataract surgery, J Cataract Refract Surg. 2011 Jan;37(1):50-62
    3 Rivero L, IOLMaster Version 5 vs. Lenstar LS900, presented at 2010 AAO – MEACO Joint Meeting in Chicago, Illinois.
    4 Bullimore MA, MCOptom, PhD, FAAO, The IOLMaster and determining toric IOL Power, white paper
    5 Clinical data of Prof. Findl / Dr. Hirnschall presented at ESCRS 2013 – technically verified pre- / intraoperative matching precision ± 1.0° in mean
    6 Chen YA, Hirnschall N, Findl O, Evaluation of 2 new optical biometry devices and comparison with the current gold standard biometer, J Cataract Refract Surg. 2011 Mar;37(3):513-517

  • テクニカルデータ
    IOLマスター(モデル500) テクニカルデータ
    測定範囲 眼軸長 14 – 38 mm
    角膜曲率半径 5 – 10 mm
    前房深度 1.5 – 6.5 mm
    角膜横径 8 –16 mm
    表示分解能 眼軸長 0.01 mm
    角膜曲率半径 0.01 mm
    前房深度 0.01 mm
    角膜横径 0.1 mm
    IOL calculation formulas SRK® II, SRK® / T, Holladay 1 and 2, Hoffer Q, Haigis
    Clinical history法 、コンタクトレンズ法、屈折矯正術後の角膜補正計算
    Haigis-L式 近視および遠視矯正のLASIK / PRK / LASEK術後眼向け
    Phakic前房/ 後房眼内レンズ計算
    眼内レンズ定数最適化機能
    インターフェース 超音波データリンク (A-Scan Plus(モデル synergy))
    ZEISS データアーカイブソリューションFORUM
    ZEISS 手術室管理システム CALLISTO eye
    患者管理システム(EMR) /(PMS)へのデータインターフェース
    USB媒体へのデータエクスポート
    Holladay IOL Consultant and HIC.SOAP Proのためのデータエクスポート
    ネットワーク接続およびネットワークプリンタのためのEthernetポート
    線間電圧 100 V
    回線周波数 50 – 60 Hz
    消費電力 最大 75 VA
    レーザークラス分類 1


関連製品

ZEISS Cataract Suite マーカーレス

詳細

VISALIS 500

詳細
このウェブサイト上ではクッキーを使用します。 クッキーは、ウェブサイトからあなたのコンピューター上で記憶されるテキストファイルではありません。クッキーは、広く普及しており、ページを最適化して表現し、改善する助けをします。私たちのページを利用することにより、あなたはこれを了承することを宣言します。 詳細