X線顕微鏡ウェビナーシリーズ

オンデマンドウェビナー

X線顕微鏡(XRM)は、3Dおよび4Dでの高度な非破壊マルチスケール材料特性評価において「必須アイテム」となりつつあります。
ZEISS Xradia Versaは、非破壊サブミクロンスケールイメージングの可能性を広げる、業界最高の解像度とコントラストを備えた汎用性の高いプラットフォームです。
本ウェビナーシリーズでは、ZEISS Xradia Versaとその機能、そしてXRMをさまざまなアプリケーションやワークフローでどのように活用できるかをご紹介します。また、深部に隠された構造にアクセスするためのZEISS LaserFIB、4D in-situ実験、結晶学的イメージングのためのDiffraction Contrast Tomographyを含む様々なワークフローを紹介します。
そして、電池、エレクトロニクス、セラミックス、アディティブマニュファクチャリング、金属、合金などの分野におけるアプリケーション事例を紹介します。

ウェビナー 1

ZEISS Xradia Versaを使用した3Dおよび4Dイメージングの概要

X線源と光学系における画期的な技術革新により、研究室での3Dおよび4D非破壊X線イメージングの可能性の限界が広がりました。ZEISS Xradia Versaは、従来のマイクロCTシステムを凌駕する「X線顕微鏡」(XRM)です。独自の2段拡大光学系と高出力光源の組み合わせにより、幅広いサンプルサイズにおいてサブミクロンレベルの高速イメージングを実現します。

本ウェビナーでは、エレクトロニクス、材料科学、ライフサイエンスの各分野におけるアプリケーションを例に、Xradia Versaのテクノロジーとその利点をご紹介します。

主な内容
・X線顕微鏡(XRM)のコンセプト
・3D非破壊X線イメージングにおいて、XRMが提供するサンプルサイズ、解像度、コントラスト、スループットの利点
・XRMが対応可能なアプリケーション(in-situ試験、複合材料、電池、積層造形など)

【Coming soon】ウェビナー 2

"Resolution at a Distance"(RaaD)機構:サンプルサイズに依存した分解能の制限を克服

Coming soon

【Coming soon】ウェビナー 3

多結晶材料の結晶イメージングにおけるX線顕微鏡法の進歩 ~独立型回折コントラストトモグラフィ~

Coming soon

【Coming soon】ウェビナー 4

相関顕微鏡 ~顕微鏡の境界を越えて、業界最良の結果を達成~

Coming soon

下記フォームよりご登録後、視聴URLをお送りいたします。
オンデマンド配信のため、いつでもご視聴いただけます!