健康と予防

人参は目に良いのでしょうか?

子どもの頃から、私たちは人参は目に良いと教えられてきました。残念ながら、これはある程度までしか正しくありません。

16 10月 2022
  • 人参は目に良いのでしょうか?

人参は目に良いのです - そうでないとしたら、その証拠にメガネをかけたウサギを見たことがありますか?このたとえはあまり面白くないだけでなく、根拠もありません。しかし、この健康に関する通説は何世代にもわたって語り継がれてきました。ただし、次のことは真実です:人参には多くのβカロチンが含まれています。βカロチンは必須ビタミンAの前駆物質です。もし食生活にビタミンAが不足していれば、皮膚や髪の生育や状態に悪い影響を及ぼすことがあります。極端なケースでは夜盲症になることもあります。しかしほとんどの視覚障害は通常、まったく異なる原因によるものです。

一般的に信じられている多くの考えが、子どもの頃から私たちの潜在意識に浸透しています。今日では、これら多くの誤った通説は科学的にはっきりと反証することができます。しかし、そのいく つかには少なくとも真実の要素は含まれています。「人参は目によい」というよく知られた健康に 関する通説ほど、その良い例はありません。この通説の背後にある論拠は何でしょうか。美味しい野菜には多くのβカロチンが含まれています。人参をオレンジ色にするこの物質は必須ビタミンAの前駆物質であり、これは本当に目に良いものです。ただし、この一片の知恵には一 粒の真実しか含まれていません。

栄養学者は、ビタミンAをレチノールとも呼んでいます。事実、この名称はそれが目で行う機能を直接意味しています。目の網膜(レチナ)には、ごくわずかな光からでも白黒の画像を生み出すことができる細胞が含まれています。レチノールがなければ、光と影のコントラストを見分けることができないため、重度のビタミンA不足で治療の必要な人は夜盲症になる危険性さえあります。

幸い、この種の健康問題は私たちの住む世界では非常にまれです。さらに、人参よりもビタミンAに富んでいる食品がたくさんあります。ホウレンソウやキャベツ、そしてサラダなどです。動物性食品、たとえばレバーなどはさらに優れています。ビタミンAの前駆物質だけでなく、ビタミンそのものも含んでいるからです。

では、結論として何が言えるでしょうか。いつも人参をがりがり食べていることは、実際目には良いでしょう ― ただし、あなたが望むように、それで視力が良くなることはありません。結局近視であ れ遠視であれほとんどの場合、本当に助けになるのは良いメガネだけだということです。


この記事をシェアする