ZEISS EnergizeMe® リフレッシュレンズ

疲れ目をリフレッシュしてあげましょう。

New!
コンタクトレンズ
装用者の方に

疲れ目をリラックス、眼精疲労を低減、明瞭でシャープな視界:ZEISS EnergizeMe®は、コンタクトレンズユーザーのニーズに合わせて開発された世界初のメガネレンズです。

コンタクトレンズを外した後に、ストレスフリーな視界を実現するために必要なすべての要素を盛り込みました:コンタクトレンズユーザー特有の目の使い方に合わせて開発された革新的なレンズ設計に、デジタル世界の視界に最適化されたテクノロジーとレンズコーティングを組み合わせた完璧なメガネレンズソリューションです。コンタクトレンズユーザーのためのメガネ – 格別な気持ち良さで目をいたわりましょう。

ZEISS EnergizeMe®

コンタクトレンズ使用後の目をリフレッシュさせるために開発された初のメガネレンズ。

今日のコンタクトレンズユーザーは、少なくとも一本はメガネを持っています。コンタクトレンズを長時間装用した目を休めるためです。スマートフォン、タブレット等の頻繁な使用も、さらに目にストレスをもたらしています。このメガネには、目を休める以上の機能があることをご存じですか?

コンタクトレンズを外してメガネに付け替えた際に、より快適な視界と目のリフレッシュ感をお楽しみいただけます。ZEISS EnergizeMe®リフレッシュレンズは、単なるメガネ以上のものをコンタクトレンズユーザーに提供します。このレンズはコンタクトレンズユーザーの目の使い方、そしてデジタル世界における視覚の状況に合わせて最適化されています。

眼鏡店検索

お近くのZEISS 取扱店を探す

眼鏡店検索

お近くのZEISS 取扱店を探す

快適な視界とリフレッシュした目―

すべてのコンタクトレンズユーザーのために開発された メガネレンズで、完璧なリラックス体験をお楽しみください。

あなたにも身に覚えがあるはずです。コンタクトレンズを長時間使用した目は疲れ果て、視界は理想的な明瞭さを失っています。メガネに付け替えるのは間違いなく正しい決断です。
特別なレンズ設計を採用したZEISS EnergizeMe®リフレッシュレンズは、コンタクトレンズユーザー特有の目の使い方に対応すべく作られています。メガネへの移行をこの上なくスムーズにすると同時に、あなたの目を一休みさせます。すっかりリフレッシュした目なら、何にだって立向かえます。

10人中9人

のテスターは
ZEISS EnergizeMe®リフレッシュレンズ1)を使用すると目がリフレッシュし、デジタル眼精疲労が改善したと回答

デジタル眼精疲労からの解放

ZEISSの革新的な技術により、スマートフォン、ノートパソコンやタブレット使用時に快適な視覚をお楽しみいただけます。

デジタル世代でなくとも、私たちはますますデジタル機器を多用するようになっています。この流れは視覚習慣に根本的な変化をもたらしました。デジタル機器使用時は読書距離が短くなるため、私たちの目は近くから遠く、また近くへと頻繁に焦点を移さなければなりません。特にスマートフォン、タブレット等のデジタル機器の長時間にわたる使用は、目にストレスを与え、過労状態に陥らせる恐れがあります。コンタクトレンズユーザーのためのZEISS EnergizeMe®リフレッシュレンズは、書籍およびあらゆるデジタル機器での読書を容易にする特別なテクノロジーをフィーチャーした、デジタル眼精疲労を防ぐすばらしいソリューションです。

デジタル眼精疲労からの解放

人工光のもとでも快適な視覚を実現
多機能な特殊レンズコーティング

スマートフォン、LEDライト、モニター、テレビ、タブレット、電子書籍リーダーなど種類を問わず、現代の光源は私たちがこれまでに経験したことのない量のブルーライトを発しています。ブルーライトが不快でストレスに感じる人も少なくありません。コンタクトレンズユーザー向けのZEISS EnergizeMe®リフレッシュレンズは、特別なコーティングを標準装備。人工光のブルーライトの大部分をカットし、デジタル眼精疲労の防止に役立ちます。

ZEISSのクリアレンズ全製品が紫外線完全カットに。
一日中、 そして毎日。

紫外線はいつでも降り注いでいます。曇りの日も例外ではありません。紫外線は目のみならず、目の周辺部分の健康も脅かします。外出時は必ず目を保護していますか?ZEISSのクリアレンズには、紫外線完全カットが標準装備されるようになりました。

レンズの特性により、有害な紫外線をフィルターして取り除き、目を長期間に渡ってしっかり保護します。

引っ掻きやホコリをものともしない、かつてなく頑丈な仕上がり。

高性能のレンズコーティングを施すことで、レンズは引っ掻きや付着したちりの粒子に非常に強くなります。メリット:レンズが長い間清潔な状態に保たれると同時に、おそうじもしやすくなります。ZEISS EnergizeMe®リフレッシュレンズについても同様で、特殊なブルーライトフィルターに加え、最先端のハードコーティング技術とクリーンコートを標準装備しています。

あなたとあなたの目の使い方に合わせて個別化:

あらゆるタイプのコンタクトレンズユーザー、
およびプログレッシブレンズユーザーに最適なソリューション

コンタクトレンズユーザー向けのZEISS EnergizeMe®リフレッシュレンズには3つのバージョンがあり、それぞれ装用者のライフスタイルと年齢に合わせて個別化されています。眼鏡店の手助けを得て、あなたのニーズに合ったソリューションをお探しください。

20代から30代前半のコンタクトレンズユーザーには、 ZEISS EnergizeMe® Single Visionがおすすめ。

20代から30代前半のコンタクトレンズユーザーには、

ZEISS EnergizeMe® Single Visionがおすすめ。

ZEISS EnergizeMe® Single Visionは、20代から30代のソーシャルネットワークを多用するデジタル世代に最も適しています。DuraVision® BlueProtectコーティングとDigital Inside®テクノロジーを標準装備した、目をリラックスさせるのに最適なレンズです。

30代から40代のコンタクトレンズユーザーには、 ZEISS EnergizeMe® Digitalがおすすめ。

30代から40代のコンタクトレンズユーザーには、

ZEISS EnergizeMe® Digitalがおすすめ。

30〜40代のメガネおよびコンタクトレンズユーザーはZEISS EnergizeMe® Digitalレンズの恩恵を受けることでしょう。DuraVision® BlueProtectおよびDigital Inside®テクノロジーを標準装備し、より快適でリラックスした視界を約束します。

40代以降のコンタクトレンズユーザーには、 ZEISS EnergizeMe® Progressiveがおすすめ。

40代以降のコンタクトレンズユーザーには、

ZEISS EnergizeMe® Progressiveがおすすめ。

累進、または多焦点コンタクトレンズを使用している40代以降の方に最適です。DuraVision® BlueProtectとDigital Inside®テクノロジーを備えたZEISS EnergizeMe® Progressiveは、シャープで明瞭な視界とリラックスした目を叶えます。

極めて薄く、軽いレンズ強度数でもお作りいただけます。

軽ければ軽いほどよい、というルールはどのようなメガネにとっても当てはまります。それはフレームに限られたことではありません。品質の高い原材料および厳格な品質基準により、強度数のレンズでもZEISSの単焦点レンズは最大限に薄く、軽い仕上がりになっています。最小の負担で最高の快適性が可能になることをお約束します。

コンタクトレンズユーザーの視覚快適性を最適化するヒント

コンタクトレンズとメガネは組み合わせさえよければ最強のコンビです。

1. コンタクトレンズとメガネは組み合わせさえよければ最強のコンビです。しかし、多くの人はコンタクトレンズをメガネと同じくらい丁寧に調整する必要があることを意識していません。必ず専門の機関で検眼してもらいましょう。完璧な視覚と優れた許容範囲という2つの要素は、生活の質の改善に欠かせません。

コンタクトレンズを常時装用することは推奨できません。

2. コンタクトレンズを常時装用することは推奨できません。目を休ませ、新鮮な空気を与える必要があります。専門家は通常、コンタクトレンズを8時間以上装用しないように助言しています。

コンタクトレンズの洗浄は必ず日課にしてください。

3. コンタクトレンズの洗浄は必ず日課にしてください。コンタクトレンズの洗浄、保存、ゆすぎには推奨された洗浄剤のみを使用します。コンタクトレンズケースの保存液は毎日交換し、ケースは3〜6ヵ月ごとに新しくしましょう。

コンタクトレンズ装用時はサングラスを持ち歩くようにします。

4. コンタクトレンズ装用時はサングラスを持ち歩くようにします。コンタクトレンズは目の一部しか覆わないため、十分な紫外線カット機能が期待できません。だからこそ、コンタクトレンズユーザーはUVAおよびUVBカット機能を有する良質なサングラスを必ず所有すべきです。

日に何度か、定期的に目をリラックスさせるようにしましょう。

5. 日に何度か、定期的に目をリラックスさせるようにしましょう。20-20-20ルールが役に立ちます。20分ごとに20m先のものを焦点を合わせることなく20秒見つめるようにするといいでしょう。

関連製品

視覚プロフィールチェック ご自分の視覚習慣を確かめ、最適なレンズソリューションを見つけましょう。
お近くのZEISS取扱店を探す