ZEISS 清浄度検査

コンタミ発生源の特定と、製造工程へのフィードバック

  • 工業規格に準拠した高速解析
    1回のフィルタースキャンで金属・非金属・繊維を検出し、高速で分類します。
  • シームレスなワークフローで光学顕微鏡と電子顕微鏡を組み合わせることができ、より迅速な判定が可能となります。
  • 電子顕微鏡とのワークフローにより、キラー粒子の化学組成を分析して、残留コンタミ発生の根本原因を特定します。
  • 簡便にレポートが可能となります。
    各種工業規格に準拠した清浄度レポートを一度に作成します。

光学顕微鏡と電子顕微鏡を組み合わせた相関顕微鏡システムにより、キラー粒子の化学組成を分析して、残留コンタミ発生の根本原因を特定します。

工業製品製造企業においては、ますます高まる品質基準を確保するための高度な技術的清浄度プログラムが、製造プロセス全体で重大な残留コンタミを根絶するために必要とされています。 ZEISS Technical Cleanliness Solutionsは、残留コンタミの根本原因を特定し、製造工程に迅速にフィードバックすることが可能となります。

残留コンタミ清浄度検査

品質保証

残留コンタミは、製品の効率、機能、寿命に多大な影響を及ぼします。調査によると、油圧および油で満たされた機械の故障の主な原因は残留コンタミにあるとされています。残留コンタミ解析は、メンテナンスコストを最小限に抑え、機械の寿命を改善するのことに役立ちます。加工品に求める品質を確保するためには、残留コンタミ解析データを必要としています。

ZEISS Technical Cleanliness Solutionsは、汚染の根本原因を特定し、正しい決定をより迅速に行えるようにします。」

使用目的に適合した製品作り

製造業のニーズに適合した製品

ZEISSTechnicalCleanliness Solutionsは、大手自動車製造企と共同で開発されました。使いやすく確実な残留コンタミの解析および分類システムを特に必要としていました。

ニーズに基づき、簡単に使用でき、製造環境や産業環境内の複数のサイトに展開でき、顕微鏡の専門家ではないオペレーターでも使用できるシステムを開発しました。

ZEISS残留コンタミ解析システムは、次の代表的な工業規格に準拠しています。

製造物清浄度検査

オイル清浄度検査

医療関連デバイスの
製造プロセスにおける清浄度検査

VDA 19.1

ISO 4406

VDI 2083

ISO 16232

ISO 4007

 

 

DIN 51455

 

 

SAE AS 4059

 

Go beyond standards

残留コンタミの根本原因について情報に基づいた決定を行う

ZEISSソリューションポートフォリオは、粒子を見つけるだけでなく、汚染や摩耗の原因によって粒子を分類するのに役立つ非常に効率的なワークフローで、粒子の検出と分類を組み合わせることを可能にします。
ZEISS相関顕微鏡システムは、光学顕微鏡と電子顕微鏡の両方のデータを1つのワークフローに組み合わせて、より包括的な情報を取得できます。

残留コンタミの潜在的なリスクを推定する

光学顕微鏡システム

粒子を量、サイズ分布、形態別に分類し、金属と非金属の粒子および繊維を2μmまで区別します。工業規格に従って清浄度レポートを作成します。

高度な分析ワークフローを確立する

相関顕微鏡残留コンタミ解析システム

相関顕微鏡自動粒子解析(CAPA)を使用して、製造工程における残留コンタミを特定し、キラー粒子を特定します。CAPAは、光学顕微鏡と電子顕微鏡の両方からのデータを1つのワークフローに結合します。

残留コンタミの発生源を特定する

電子顕微鏡およびEDSシステム

粒子の形態的特徴を測定し、完全に自動化された元素分析を使用して、化学組成によって粒子を分類します。

技術的な清浄度については、専門家にご連絡ください

フォームに記入してご連絡ください。当社製品の詳細説明及びデモをお気軽にリクエストしてください。