あなたはご自身の測定結果を信頼できますか?

測定結果を評価するには、それらがどのように取得されたかを知る必要があります。座標測定技術では、周囲温度や測定プランなど、さまざまな要因が測定結果に影響します。どのようにしたら信頼できる比較可能な測定結果を得られるでしょうか。ZF Friedrichshafen社の品質保証部門の担当者は、ZEISSが実施するAUKOM管理トレーニングセミナーで、こうした疑問やその他さまざまな疑問に対する答えを得ることができました。

ZF Friedrichshafen社がZEISSのソリューションを用いて成果を上げた方法:
AUKOM トレーニング (日本では実施していません)
ZEISS ソフトウェアトレーニング
システムトレーニング
成果:
  • 影響力の測定に対する意識向上
  • 測定プロセスの標準化
  • プロセス最適化をはかるチェックリスト

ZF Friedrichshafen社の経営陣は、進行中のAUKOMのマネージメント訓練プログラムに信頼を置いています。

マネージャーのための学校

コースの参加者が徐々に集まり、オーバーコッヘンのZEISSカスタマーセンターの椅子やベンチに座っています。通常、さまざまな企業の測定技術者がこのスペースで開催されるコースに参加しますが、今日の生徒は、ZF Friedrichshafen社のマネージャー10名です。彼らは一緒にAUKOM管理コースに参加しています。AUKOMとは座標測定技術の標準化されたトレーニングプログラムで、通常、測定技術者を対象としています。しかし、AUKOM管理コースは、測定部門で働くマネージャー、品質保証スーパーバイザー、購買部門などのインターフェース機能を持つ従業員向けに特別に設計されています。この2日間のコースを主催するKlaus Schabel氏は、違いをこう説明します。「コースの内容は、AUKOM 1、2、および3で扱われているトピックと同じですが、主題の扱いかたはまったく異なります」計測技術者向けのコースは「どうすればよいか?」に焦点を当てていますが、管理者向けトレーニングでは「信頼できる測定結果を得るには?」という問題を扱います。

AUKOM Management from ZEISS
ZF Friedrichshafen社のマネージャーのための学校

AUKOMコースに参加している人の数は十分ではありません"

Karl Schmollinger, Head of Quality Production in the Commercial Vehicle Technology area
ZEISS METROLOGY ACADEMYのトレーナー、Klaus Schabel
ZEISS METROLOGY ACADEMYのトレーナー、Klaus Schabel, 測定結果に影響を与えるさまざまな要因に管理者を感化させます。

測定結果に影響を与えるさまざまな要因に管理者を感化させます。

トレーニングで、マネージャーは測定結果がどのように取得されるかを学びます。重要なことは、測定結果に影響を与える可能性のあるさまざまな要因(周囲条件、測定対象と戦略、オペレータの影響)について教えることです。しかし、トレーニングにおいて、講義はほぼありません。参加者は、プロセスの最適化のためにカスタマイズしたチェックリストを作成するなどして、結果に関する作業を一緒に行います。商用車技術部門の品質生産責任者であるKarl Schmollinger氏はこのコースに参加しました。「測定プロセスや、測定エラーの潜在的な原因に対するマネージャーの意識向上をはかるため、AUKOM管理トレーニングを選択しました」彼はコースで学んだことを自分の作業にそのまま活用しています。「現在、私たちは中国に生産地域を設立しているところです。ここでのトレーニングを採用し、決定の通知に使用するつもりです。たとえば、LPA(階層別プロセス監査)の影響を測定するための特性要因図を取り入れたいと考えています」

高度なトレーニングの内容

ZF Friedrichshafen社の品質保証部門では、基本的なトレーニングと高度なトレーニングが非常に重要な役割を果たしています. 1年に2回、ZEISSインストラクターによるレベル1およびレベル2のAUKOMトレーニングセミナーがフリードリヒスハーフェンで開催されます。これにより、測定プロセスを標準化でき、Schmollinger氏が非常に重要だと言う同等の測定結果が得られるようになります。この品質保証マネージャーは同時にVDA 6.3およびIATF 16949の監査員でもあります。外部監査中では、会社が従業員に対する高度なトレーニングを行っているかどうかが分かることが多くあります。「製品の品質と人々の仕事から分かります。AUKOMコースに十分な人数が参加していません」とSchmollinger氏は言います。

ZF Friedrichshafen社について

ZF社は、駆動系とシャーシ技術、アクティブおよびパッシブセーフティ技術のグローバルリーダーです。同社は世界中に146,000人の従業員を抱え、約40か国に約230の拠点があります。2017年、ZFは売上額364億ユーロを達成しました。世界最大の自動車サプライヤーの1つです。