金よりも価値がある

20年ほど前まで、Haager GmbH&Co. KGは、宝飾品業界向けの貴金属製のフックやアイ、その他のアクセサリー製品を専門に製造していました。しかし、プフォルツハイムの他の多くの宝石メーカーとは対照的に、長い伝統を持つ同社は、先を見越した社内ビジネスモデルの再編成を行うことで業界の衰退を乗り切ってきました。同社は今日、宝飾品のパーツではなく、医療技術製品メーカー向けのアクセサリー部品の製造が収益の90%を占めています。中でも、Haager社はZEISS O-INSPECTを活用して必要な精度を確保し、ZEISSの工業測定技術を用いたスタイラスセットアップデバイスのおかげでプローブを正確に調整することができています。

Haager社がZEISSのソリューションを用いて成果を上げた方法:
ZEISS CALYPSO
ZEISS FixAssist
成果:
  • より迅速な工程管理
  • セットアップ時間の短縮

スタイラスセットアップ装置はセットアップ時間を短縮し、シャフトエラーを防止します。

宝飾品から医療機器産業まで

Haager GmbH&Co. KGのシニアマネージャーが新しいアイデアを携え、展示会から戻って来てから16年が経ちました。そのアイデアとは、過去のように宝飾品の製造に特化するのではなく、医療機器産業に拡大していくべきだというものでした。これは、「黄金の街」と呼ばれるプフォルツハイムに本拠地を置く多くのドイツ宝飾品業界が、困難な時代に突入していたためです。Haager社は、最初は個々の医療機器メーカーの小規模なプロジェクトを引き受け、新しい分野に必要なノウハウを開発してきました。「言うまでもなく、精度と表面品質に関する要件は、宝飾品業界よりも医療機器分野の方がずっと高いものです。しかし、これを達成するための基本的な要件は間違いなくクリアしていました」と、Haager社の品質保証担当、Stephan Lehnert氏は言います。製品の品質に対する顧客の反応を受け、現在のシニアマネージャーが徐々に投資を行い、より精密な機械を用意し、生産スペースを拡大しました。Lehnert氏は、多額の投資によって、中規模の企業でも数ミクロンの公差仕様を保証できるようになったと言います。「収益が増加した結果、生産エリアはすぐに疲弊してしまうでしょう」Haager社の製品の品質の高さは、エンドツーエンドの機械のデータの記録からも保証されています。「機械データから品質データまで、可能なすべてを記録し、こうした記録から工程と品質を最適化する情報を生成します」と、Lehnert氏は説明します。

ワークステーションでの作業
各ワークステーションには、測定値を測定プランに自動的に入力するためのポータブル測定機が装備されています。
内視鏡の組み立て
内視鏡用アセンブリの動作原理のデモを行うStephan Lehnert氏。これを用いて医師は例えば低侵襲手術により胃や腸の組織を切除することができます。

無欠陥戦略に向けた準備

35名の従業員を抱える同社は、ここ6年間にわたり、エンドツーエンドのデータ収集を成功させるために、今非常に注目されている方法を採用しており、これはすでに成功が認められています。セットアップ時間、ひいては機械のダウンタイムが最適化されたのです。また、品質データの統計的評価から、「工程が安定して実施されているか、どのポイントを最適化する必要があるかを早期に認識できるようになったこと」が分かります。品質管理者によると、永続的かつ積極的な自己最適化により、最新の分析から小麦ともみ殻を分離することができるといいます。彼には、確実に分かっていることが1つあります。それは、将来的に医療機器メーカーは、時間とコストの面から検査を行わずに、サプライヤーの部品をそのまま製品に組み込みたいと考えているということです。そして、いわゆる無欠陥戦略を具体的な目標として定めていないサプライヤーでも、外部調査を非常に迅速に、永続的に行うことになるでしょう。Lehnert氏は次のように考えています。たとえば、日本では、プフォルツハイムで製造された内視鏡検査用の金属部品にレンズとチップが付いています。プフォルツハイムで製造した17ユーロの金属部品が約束された品質に適合しない場合、Lehnert氏によると、メーカーは3,000ユーロ以上を無駄にすることになります。さらに、特に患者が危害を被った場合、医療機器のサプライヤーの評判が損なわれます。そのため、Haager GmbHの従業員は品質の問題を最優先し、形状と位置の公差を高精度で測定するためにZEISS O-INSPECTを活用しています。

FixAssistを使用しているため角度の調整が正確であると説明すると、ご自身で確認するためにお客様の品質管理者の方が弊社を訪れ、弊社のFixAssistでご自身のスタイラスを組み立てました。そして、双方のスタイラスで測定した測定結果は同じだったのです”

品質保証担当、Stephan Lehnert氏

品質と工程の管理

ZEISSの測定機はいくつかの観点で良く語られますが、第一に業界における高い普及度があげられます。なぜならば、無欠陥品戦略の導入には、「会社に存在するあらゆる垣根を越えた、品質管理者の集中的な作業関係」が必要だからです。しかし、Lehnert氏は直感的な操作と簡単なプログラミングも非常に重要視していました。「いくつかの測定機を見ましたが、ZEISS O-INSPECTの精度と扱いやすさに感銘を受けました」Haager社にとっては、少量のバッチサイズで多数の部品を生産し、測定プログラムを迅速にプログラムできれば多くの時間を節約できます。さらに、ZEISS FixAssistを使用するようになって、さらに時間を有効活用できるようになりました。これは、プローブシステムをより高速に組み立てることができる装置です。複雑なスタイラスシステムで最大2時間かかっていた作業が、FixAssistを使用すると数分でできるようになりました。スタイラスプレートを固定し、六角レンチでねじを外し、スタイラスを調整するだけです。調整が完了したら、ねじを締めれば完了です。調整中に床に落としたルビースタイラスは廃棄となるため、毎月少なくとも150ユーロが無駄になっていましたが、FixAssistを使用するようになってこの問題が解決されました。また、スタイラスのセットアップ装置がシャフトの接触を防ぎ、測定結果の誤りを防止します。Lehnert氏は、こうしたことはいとも簡単に発生することを知っています。彼は、顧客からこうした苦情を受けたことを覚えています。しかしながら最終的に、FixAssistを使用することでこうした苦情も解決できたのです。「FixAssistを使用しているため角度の調整が正確であると説明すると、ご自身で確認するためにお客様の品質管理者の方が弊社を訪れ、弊社のFixAssistでご自身のスタイラスを組み立てました。そして、双方のスタイラスで測定した測定結果は同じだったのです。」2011年からHaager社で働いているLehnert氏にとって、必要な品質基準に準拠するための、この永続的かつ相互的な取り組みは、彼の仕事を「非常に刺激的な」ものにしています。業界が相対的に危機に直面し難い事実は別にしても、純粋な宝飾品会社で技術を学んだ彼は、医療機器業界は「貴金属業界よりも優れている」と個人的に感じています。

ZEISS FixAssistでの作業
ZEISS FixAssistはスタイラスをしっかりと固定するため、オペレータは両手で簡単に角度を設定し、スタイラスを調整できます。
Haager社について

Haager社は長い伝統を持ちながらも革新的な企業であり、現在5代目の経営者が運営しています。CNC旋盤加工、フライス加工、レーザー技術などの新しい生産方法を宝飾品の製造に導入し工業化してきました。これらの新しい生産方法により、公差が1000分の1ミリ以下という部品の製造が可能になりました。この製造ノウハウにより、この家族経営会社は、最高の品質と機能を備えた製品を製造する企業のパートナーとなり、医療機器用部品が収益の約90%を占めています。プフォルツハイムに本社を置くこの会社の顧客は、同社の精密な旋盤加工およびフライス加工部品の品質を高く評価する、医療機器業界の多数のグローバル企業です。同社の従業員は現在35名です。