よみがえるタイヤ Reifen-Müller社はシェアログラフィ測定機であるZEISS INTACTを使用して、骨組みの検査をしています
Reifen-Müller社がZEISSのソリューションを用いて成果を上げた方法:
ZEISS INTACT
成果:
  • ZEISSが特許を取得した特別なシェアログラフィ法を使用すると、1~2分で、タイヤケーシング内のエアポケットをミリメートル範囲で検出することができます。
  • シェアログラフィのおかげで、検査されたケーシングの4~5%が使用不可と識別され選別されて、顧客に提供される再生タイヤの品質を向上させ、潜在的なクレームを減らします。
  • 同社はZEISS INTACTを使用しているため、不合格率は1%を大幅に下回ります。

シェアログラフィによるタイヤケーシングの非破壊品質試験

"Reifen-Müller社は、ドイツにおいてシェアログラフィを用いたケーシング内部検査を最初に始めたタイヤ再生会社の1つです。この業界では後になって、少なくとも大企業ではこの手法が定着しています。さらに、一般のタイヤメーカーは、この非破壊的な方法を使用して製品の品質をチェックしています。

タイヤ業界でシェアログラフィが不可欠となったのは、ランダムサンプリングでは特定できない欠陥を、光学式測定で検出することができるためです。

Reifen-Müller社は、1999年からZEISS INTACTを活用しています。「私たちにとって、ZEISS INTACTはタイヤケーシングの品質を明確に評価するために不可欠です」と、Reifen-Müller社の加硫装置の熟練者であるThomas Brand氏と、シェアログラフィの専門家であるUwe Müller氏は言います。"

Interested? Read the Application Story!

Fill in your data and download our application story for free.