ZEISS eMobility ソリューション

エネルギーからeMotionへ

Eモビリティのための測定ソリューション

自動車業界では、新エネルギー自動車(NEV)の開発と発売が急速に加速しています。電気パワートレインの構造が内燃機関車とは大きく異なるため、自動車メーカーやサプライヤーは、電気自動車の重要な部品の生産と組み立てに適応するために、自らを改革する必要があります。新エネルギー事業における品質保証の大きな課題は、精度に対する要求の高まりに対応する必要があることです。
ZEISS eMobility ソリューション、NEVの信頼性、効率性、安全性を確保するための品質保証のための複数の先進技術を提供することで、この変化に対応することを可能にします。

From energy to eMotion ZEISS eMobility Solutions

eMobilityの5つのコアコンポーネント

電気自動車の製造におけるイノベーションにより、新たな測定タスクが生まれ、品質検査のパラダイムシフトが始まっています。NEVは部品点数が少なくなっていますが、これらの部品には接触式・光学式測定からX線顕微鏡による測定まで、総合的な品質検査ソリューションが必要です。

バッテリー

バッテリーの研究や品質管理を可能にするためには、幅広いイメージング、分析、測定ツールが必要です。ZEISSは、光、電子、X線顕微鏡、コンピュータ・トモグラフィー(CT)システムのほか、構造、組成、電気、寸法などの特性を長さスケールで評価・相関させるための座標測定装置を製造しています。ZEISSはこのようにして、新エネルギー自動車のバッテリーの安全性と性能を確保するために必要なデータを提供しています。

ZEISS 顕微鏡

ZEISS 座標測定機

光学式3Dスキャニング

ZEISS X線シリーズ

バッテリーの品質保証

燃料電池システム

バッテリー式電気自動車(BEV)に加えて、燃料電池式電気自動車(FCEV)も、将来の代替エネルギー供給の可能性の一つです。FCEVでは、燃料電池システムが電気モーターに必要なエネルギーをすべて供給します。燃料電池スタックはFCEVの最も重要な構成要素であり、電気化学反応によってエネルギーを供給しています。燃料電池スタックの中には、多数のセルが直列に配置され、互いに接続されています。燃料電池システムを構築するプロセスは、個々のコンポーネントの生産と開発に最高の品質基準を必要とします。

ZEISS 顕微鏡

ZEISS 座標測定機

ZEISS X線シリーズ

燃料電池のための測定ソリューション

パワーエレクトロニクス

パワーエレクトロニクスは、バッテリーと電気モーター間の電力の流れを制御するため、あらゆるバッテリー式電気自動車、ハイブリッド式自動車、燃料電池式自動車のエネルギーハブとなります。電子部品をより効率的で信頼性の高いものにするためには、半導体、プリント回路基板(PCB)、完成モジュールの品質をさまざまな長さのスケールで制御することが不可欠です。

ZEISS 顕微鏡

ZEISS 座標測定機

ZEISS X線シリーズ

NEVパワーエレクトロニクスの品質保証

電気モーター

電気モーターは、小型で軽量でありながら、低速でも高速で大きなトルクを発揮します。最新世代のモーターが直面する課題の一つは、ヘアピンとステーターの精密な製造と組み立て、ステーターとローターのスタックの製造です。ZEISSは、品質管理プロセスのあらゆる側面をカバーする接触式・光学式測定装置を製造しており、電動機メーカーの検査チェーンの構築を支援しています。

ZEISS 座標測定機

光学式3Dスキャニング

ZEISS X線シリーズ

電気モーターの品質保証

トランスミッション

電気自動車のパワートレインは、内燃機関に見られる最大9段のギアではなく、1速または2速のトランスミッションを備えています。エンジンとトランスミッションはハウジングを共有しているため、コンポーネントの数と重量は減りますが、品質要件は減りません。最高の性能、耐摩耗、静粛性を確保するためには、多くの測定と検査のステップが必要です。ZEISSは、これらの測定ツールをすべて製造し、メーカーと相談しながら理想的な品質保証システムを設計しています。

ZEISS 座標測定機

自動車トランスミッションのための測定ソリューション

測定課題を解決する

NEV適用例の詳細はこちら

単一のアプリケーションから完全に統合された測定・検査システムおよび品質情報ソフトウェアまで: ZEISS eMobility ソリューションは、e-モビリティ・アプリケーションにも関わらず、あらゆる測定課題に対応するための設備を備えた多様なポートフォリオを提供しています。

Strator House Measurement with ZEISS DotScan E-Motor

ハウジングの形状と輪郭の検査は不可欠です: ZEISS DotScanを搭載した光学共焦点ホワイトライト技術は、ベアリングの穴の面取りや半径などの高精度な輪郭測定を行います。

Strator Housing Measurement with ZEISS VAST XXT E-Motor

電気モーターとトランスミッションを1つのハウジングに統合することで、製造工程では複雑で相互に依存する形状が生まれます。これらのコンポーネントの形状、サイズ、位置には厳しい公差があります。ZEISS VAST XXTとロータリテーブルを組み合わせた接触式アクティブ・スキャニングは、すべての検査要件を満たします。

Sheet Inspection with ZEISS O-INSPECT E-Motor

2Dシートの形状は、最終的なステータと永久磁石スロットの寸法を定義します。このため、これらの寸法を迅速かつ高精度に測定することが非常に重要です。理想的な解決策は、2Dカメラや共焦点光センサなどのZEISSのマルチセンサ技術を利用して、個々のシートの平面度を測定することです。平面度とバリがないことは、完璧な構造で組み立てが簡単なシートスタックを確実に作るための重要な要素です。

Assembly Volume Analysis with ZEISS LineScan E-Motor
ステーターの外周は、Eモータのハウジングにステーターを嵌合させるために重要です。接続フランジやシャフトの位置は、トランスミッションとの関係で検査が必要です。このデータを迅速かつ徹底的に収集することが不可欠です。このような要求は、ZEISSのレーザー三角測量技術を使用することで実現できます。自動化されたZEISS座標測定機は、大量生産に最適です。

Dimension and Coating Quality of Hairpin with ZEISS DotScan E-Motor

ヘアピンは柔軟な構造をしており、繊細なラッカー層でコーティングされています。共焦点光またはレーザー三角光学式センサを備えたZEISS座標測定機は、形状とラッカー層の厚さを正確に測定するための1つのオプションです。

ZEISSの測定技術が量産に必要な鍵を握っています

ZEISSとVWは共同でヘアピンステーターの測定ソリューションを開発しています

NEVの品質保証についての詳細はこちらをご覧ください

#measuringhero Vlog

グローバルパートナー

ZEISSと共にeMobilityの未来を創る

ZEISSのエキスパートは、お客様のチームと実際に作業を行い、成功に欠かせない特性と、それを評価する上で最も効果的な技術を予測できるよう支援します。ZEISSのエキスパートは、お客様のチームが電気自動車部品製造の課題に取り組む際に、独自の立場でお手伝いします。お客様のニーズに合わせた技術と測定機器の適切な組み合わせを開発するお手伝いをします。

150
世界各地の拠点
50
ローカルZEISSサービスのある国
30000
あなたのお役に立てる従業員

会う

ご相談をご希望の方は お問い合わせください。

分析する

特定の品質要求とその後のニーズの特定。

カスタマイズ

ZEISSチームはお客様のご要望に完璧にフィットするようソリューションをカスタマイズします。

ZEISS eMobilityソリューションについて詳しい情報をご希望ですか?

以下のフォームに入力してカタログをダウンロードできます。
ZEISS eMobility ソリューション