ヘリコプター用ローターブレードの効率的な測定 AgustaWestland社では測定にかかる時間を50%短縮しました

交通監視、山岳救助、輸送、陸海での軍事的任務-ヘリコプターは空の働き者です。ヘリコプターの性能は何よりもローターが生み出す力によって決まります。

AgustaWestland社がZEISSのソリューションを用いて成果を上げた方法:
ZEISS PRO T
ZEISS CALIGO
ZEISS RDS
成果:
  • 測定サイクル時間を50%短縮

ヘリコプター用ローターブレードの効率的な測定

状況

ヘリコプターのローターは、空中で何トンもの重さを支え続けなければなりません。ローターに使用されている弾性複合材、および空気力学的に最適なその形状がここでは重要な役割を果たします。さらに、最新のローターは騒音を低減し、燃料の節約にも役立っています。その形状と表面はカーブや自由形状測定のまさに典型的な一例です。ローターは設計データどおりに製造されてはじめて、さまざまな速度で常に最適な揚力を生み出すことができます。

課題

AgustaWestland社のイタリア、アナーニにある生産施設は、ZEISSのホリゾンタルアーム形座標測定機 SMM-MTを使って、20年以上にわたりヘリコプター用ローターブレードの測定を行ってきましたが、2008年、ホリゾンタルアーム形座標測定機PRO T をVAST XXT TL2スキャニングプローブ、CAA(コンピュータ補正機能)付き回転プローブホルダRDS、およびCADベースの測定ソフトウェアCALYPSO(カーブオプション付き)と共にCarl Zeissに発注しました。このSMM-MTの後継システムとして導入されたこのトータルソリューションは同社にとって革命と呼ぶべきチャレンジでした。

革命

新しい測定機の導入はAgustaWestland社にとって革命的な出来事となりました。PROを導入する前はローターブレードはリーディングエッジを上にして固定していました。しかし、PROを使った新しい測定プロセスではローターブレードを底面を上にして固定することができるようになったのです。これは20年間採用してきた測定方法を捨てることを意味しますが、この変化が多くのメリットを生み出しました。メリットとしてまずあげられるのは、特殊なクランプシステムのおかげで、2つのローターブレードを上下に重ねて置くことができるため、2つのローターブレードの測定が一度で済むようになったことです。この新しい固定方法により、ローターブレードの底面、リーディングエッジ、上面の空気力学的プロファイル全体を測定できるようになりました。さらに、VAST XXTスキャニングプローブ付きRDSの導入によっても大きなメリットがありました。

AgustaWestland社について

AgustaWestland社は、イギリスとイタリアに拠点を置くヘリコプターメーカーです。イタリアのFinmeccanica社のグループ会社で、ヘリコプター業界におけるトータルプロバイダーです。回転翼機のシステム設計、開発、製造、組み込み技術、トレーニング事業やお客様重視の統合運用サポートソリューションなどを通して、世界中の軍事および商業事業者に比類ない使命能力を提供しています。世界中の軍事関連ユーザーや民間ユーザーがその使命を達成できるよう、その高度な専門知識で最高のサポートを行うことができます。